ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファーストフード事典

ファーストフード事典

安くて手早く食べられるファーストフード店が多い関西地方

たこ焼き、お好み焼き、串カツ、豚まん、イカ焼きといったように、食い倒れの街・大阪には、安くて手早く食べられる「ファーストフード的」なご当地グルメがいっぱいです。個人営業店から、チェーン展開する店舗まで、街には種類豊富な飲食店が溢れています。ここでは、数ある中から、たこ焼きと串カツに絞って、そのチェーン店を紹介致します。また、海外からの旅行者も多い京都のファーストフード事情についても紹介致します。

たこ焼き

たこ焼き

まずは有名店として「たこ家 道頓堀 くくる」が挙げられるでしょう。大阪・道頓堀に本店があり、全国的にチェーン展開もしています。本店では「多幸しゃぶ」なる料理も提供しています。「くくる」に負けじと地元からの支持が強いのが「たこ焼道楽 わなか」です。外はカリッ、中はとろりとした食感がたまりません。大阪府内と大分、福岡のみにしか出店していないため、旅行の際はぜひとも訪れてみたいですね。たこ焼き発祥店と言われているのが「元祖たこ焼き 会津屋」です。ソースがかかっていないのが特徴で、生地にだしを利かせています。「大阪元祖たこやき風風(ふうふう)」は、ソースやしょうゆ、ポン酢、塩など味が選べます。「ひっぱりだこ」は全国的にも展開している有名店で、たこ焼きだけでなく、四角いお好み焼きのような「たこぺったん」も人気メニューとして支持されています。

串カツ

串カツ店は和食店の部類に入るのか、はたまた飲み屋カテゴリなのかと迷うところではありますが、「大阪の串カツ店」はファーストフードチェーンとしての顔も持っています。「安い、うまい、早い」のファーストフードの3要素をあわせ持ち、チェーン展開して日常に根付き、老若男女問わずに利用されています。カウンターに置かれたソースをたっぷりと付けて頂きます。もちろんソースは「二度漬け禁止」。それでは、ちょっと大人のファーストフード、串カツ店のいくつかを紹介致しましょう。

大阪でおすすめの串カツ店を聞けば、まず「大阪新世界元祖串かつ だるま」が出てくるでしょう。大阪を中心に店舗展開し、2014年(平成26年)にはタイにも出店しました。人気にあやかり、同名の類似店も登場している程です。

「串かつじゃんじゃん」は大阪を中心に店舗展開。フランチャイズ店を東京で営業し、種類豊富な串物を展開しています。

また、全国的に知られる「串家物語」も関西発の串カツ店で、大阪市に本社を構えるフジオフードシステムが運営しています。メニューはすべてビュッフェで提供。卓上のフライヤーで自分で揚げるスタイルですので、ファーストフードと言うより、ビュッフェレストランといったイメージかもしれません。

京都の"例外"

寺院や歴史的建造物が並ぶ古都・京都にも大手ファーストフード店は存在します。ただし、街並みと調和するように、他の地域とは違う外観となっています。例えば、ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」。本来であれば赤い看板ですが、茶色や黒色に変更されています。「ケンタッキーフライドチキン」も赤ではなく白色に。牛丼「吉野家」もオレンジ色は極力控え、白と黒しか使われていない店舗もあります。