ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファーストフード事典

ファーストフード事典

独自の食文化「名古屋めし」がファーストフードにも根付いている中部地方

独自の食文化を見せる「名古屋めし」が根付いている中部地方。ファーストフード業界にも、そんな「名古屋めし」の影響を受けた店舗がいくつかあり、中部ならではの展開を見せています。まず、名古屋っ子のソウルフードとも言われるファーストフードラーメンとして「スガキヤ」が第一に挙げられるでしょう。また、全国にカレーチェーンを展開するCoCo壱番屋は「あんかけスパ」のチェーンも手掛けています。他の地域ではあまり見かけることができないローカルチェーンは、名古屋旅の観光のひとつとして取り入れたいですね。

スガキヤ

スガキヤ

名古屋っ子なら誰でも知っているラーメンがあります。それが「スガキヤ」のラーメンです。やわらかめの麺に、甘めの白濁スープ、そしてなぜかフォーク付スプーン(ラーメンスプーンと呼ばれています)で食べるといったラーメンは、他の地域から見たら驚く特徴が多いかもしれません。専門店のラーメンとも、中華料理店のラーメンとも違う、れっきとした名古屋のファーストフードとして根付いています。安さも魅力で、学校帰りの学生や、休みの日のファミリーなどが多く利用しています。

はじまりは、1946年(昭和21年)、名古屋の繁華街である栄に開店した甘党の店でした。オープンから2年後、メニューにラーメンを加え、店名を「寿がきや」と改名。1958年(昭和33年)に株式会社寿がきや(現スガキコシステムズ)が発足されました。

スタートが甘味屋だったということで、「クリームぜんざい」「あんみつ」「ソフトクリーム」といった甘味メニューも愛されています。ラーメン屋でも甘味屋でもない、中部エリア独自のファーストフード店として根付いています。

あんかけスパゲティ パスタ・デ・ココ

名古屋のご当地グルメ「あんかけスパゲティ」をファーストフード化したチェーンが「パスタ・デ・ココ」です。店名から気付いた方もいるかもしれませんが、大手カレーチェーンである「CoCo壱番屋」が手掛けています。あんかけスパゲティとは、ピリ辛でとろりとしたソースがかかったスパゲティのことで、麺の太さが特徴的です。がっつりとした料理なので、男性を中心に熱い支持を得ています。名古屋では人気専門店がいくつか見られ支店を展開していますが、いずれもファーストフードチェーンとしては展開していません。「パスタ・デ・ココ」では、ソース、麺の量、トッピングなどが自由に選べるといったように、ココイチのカレーで成功した「客が選べる」というシステムを取り入れています。「ジュニアスパゲッティ」「お子様プレート」といった子ども向けメニューも取り入れ、他のあんかけスパ専門店とは差別化を図ります。また、同社では、「麺屋ここいち」というブランドでカレーラーメン店も展開しています。