ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファストフード店事典

ファストフード店事典

東北・甲信越地方のファストフード店

昔ながらの郷土料理をイメージする東北地方ですが、ローカルファストフードは、意外や海外を彷彿するようなメニューがあります。ひとつめは「イタリアン」と名付けられた謎の人気ご当地メニュー。このメニューを生み出し、主力商品として提供するのが老舗「みかづき」です。そして、1950年(昭和25年)創業の日本で最も歴史あるハンバーガーショップの「ほそのやサンド」。このふたつの老舗に迫り、東北地方に根付くローカルファストフードの魅力を紹介したいと思います。まずは、新潟名物「イタリアン」の正体と、その誕生から紹介致しましょう。

みかづき(新潟)

みかづき(新潟)

新潟のご当地グルメ「イタリアン」をご存知でしょうか?パっと見はミートソースのスパゲティですが、その正体は、焼きそばなのです。太めの自家製中華麺とキャベツ、モヤシを特製のソースで炒め、粉チーズをふりかけ、上からは特製トマトソースがかけられています。塩漬けした白生姜の千切りが添えられています。箸ではなく、フォークで頂くのが特徴。「イタリアン」と命名されていますが、イタリアとは縁はなく、オリジナリティにあふれた新潟のご当地グルメです。

このメニューの発祥店であり、提供を続けているのが、新潟市内にチェーン展開する「みかづき」。同店は1909年(明治42年)創業。創業当時は甘味喫茶「三日月」として営業していましたが、軽食メニューの提供を検討している中、東京でソース焼きそばに出会います。普通の焼きそばでは面白くないと、スパゲティ風の焼きそばを考案したのが「イタリアン」の始まりです。昭和30年代後半、地元の新潟で普及し、今もなおソウルフードとして根強い人気を集めています。ちなみに商品名の由来は、当時、喫茶店で見かけられたスパゲティ「ナポリタン」に対抗してということだそうです。

新潟・長岡市にある店「フレンド」でも同名のメニューが見られますが、両社の社長が親友だったため、同じメニューを販売しているようです。ただし、「フレンド」では中細麺を使い、紅生姜を添えるといったように、材料や味、製法はやや異なるようです。

ほそやのサンド(宮城・仙台)

1950年(昭和25年)、仙台市内で初のハンバーガーショップが誕生しました。それが「ほそやのサンド」です。現存する日本のハンバーガーショップとしては、最も歴史のある店舗でしょう。店内はカウンターのみで、レトロな昭和の雰囲気が漂います。看板商品である「ハンバーガー」にはビーフ100%を使用し、バンズの裏には「ほその」の焼き印が見られます。他、「チーズバーガー」「ジャンボバーガー」「B.L.Tサンド」「ベーコンエッグ」「ホットドッグ」「ステーキサンド」といったメニューがいくつか揃います。ちなみに、挽き立てで提供されるコーヒーもおいしいと評判です。チェーン展開はされていませんが、ハンバーガー1個の価格からみてもファストフードと言えるでしょう。