ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファーストフード事典

ファーストフード事典

ファーストフードの域を超えた和食店のようなヘルシーメニューが大人気「なか卵」

丼と京風うどんを主力としたファーストフードチェーンです。他の丼物チェーンと比べて、女性ひとりでも入りやすいイメージがあるのではないでしょうか。だしの利いたうどんに始まり、とろりとした親子丼、二八そばを使用した鴨ねぎそばなど、ファーストフードの枠を超えた和食店のようなメニューが魅力です。一時はハンバーガーチェーンのモスフードサービスと業務提携をしていましたが、「すき家」を子会社に持つゼンショーの傘下に入っています。「なか卯」の魅力とその歴史について紹介します。

主力商品

主力商品

創業当時から続くうどんは、「なか卯」の人気商品です。揚げ玉がたっぷり乗った「はいからうどん」、エビ入りの「かきあげうどん」などがメニューに並びます。また、冬季限定ですが「鶏塩うどん」も人気の高い商品です。うどんだしはカツオや昆布などを使用し、毎日、その日に使う分だけを各店舗で煮出しています。スープがおいしいと評判ですが、こうしたこだわりがあるのです。

丼も豊富に揃い、ひとつひとつにこだわりを見せます。例えば「親子丼」はオーダーが入ってから1人前ずつ作ってできたてを提供するので、卵のとろとろ感が味わえます。「牛すき丼」に使用する肉は、国の基準より厳しい社内基準により安全性を確認。脂身の割合やスライスの厚さにもこだわりがあります。

また、固形燃料を使ってアツアツの状態で提供する「牛うどんすき鍋」といった季節限定メニューも登場します。

歴史

1969年(昭和44年)、大阪・茨木に開店した手作りうどん店が原点です。創業者の名前の一字から取った「なか」と、うどんの「う」から屋号が付けられました。「なか卯」と漢字にしたのは、「卯」が観音様の厨子のような左右対称の形をしていて縁起が良いこと、また干支の卯のように飛び跳ねて、会社が大きくなるよう願いを込められたと言います。1974年(昭和49年)には大阪・梅田、1980年(昭和55年)には、京都・上京区に出店し大阪府以外へと進出します。1988年(昭和63年)にはモスフードサービスと資本提携し、翌年、関東へ初出店します。1990年代に入ると「親子丼」、2000年代には「カツ丼」といったように、現在の主力商品が登場します。2005年(平成17年)には、国内最大の外食企業であるゼンショーが親会社となります。

待ち時間ゼロの電話予約

「なか卯」には「お弁当ダイヤル」と呼ばれるサービスがあります。4個以上のオーダーが必要ですが店頭に行く前、あらかじめお弁当ダイヤルにかけて注文しておけば、予約の時間にはできあがっています。伝えた時間に取りに行けば、待つことなく提供されてスムーズです。詳細や電話番号は公式ホームページをご覧下さい。

メルマガ登録でお得なクーポンゲット

メールマガジンに登録すると、会員限定クーポンが届きます。また、新商品やキャンペーン情報もいち早くチェックできます。登録方法など詳細は、公式ホームページをご覧下さい。