ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファーストフード事典

ファーストフード事典

パスタやスープ、デザートなどの豊富なメニューが大人気「ファーストキッチン」

国内バーガーチェーン売り上げ第4位。サントリーホールディングスの子会社が運営するファーストフードチェーンです。店舗のほとんどが関東に集中しているので、その他の地域に住む人たちにとっては少々馴染みが薄いかもしれませんが、関東では有名なバーガーチェーンです。関東の他、関西、中部、信越にチェーン展開しています。特徴的なのは、ハンバーガーやポテトだけでなく、パスタやスープ、デザートなど豊富なメニューが展開されているということでしょう。そんなファーストキッチンの歴史や主力商品についてご紹介します。

主力商品

主力商品

ファーストキッチンの人気メニューと言えば「ベーコンエッグバーガー」です。オーストラリア産のビーフパティ、特製タルタルソース、決め手はふんわりと焼き上げた卵。卵系バーガーは、「チーズフォンデュ風ベーコンエッグバーガー」「チーズベーコンエッグバーガー」を展開しています。

ポテトフライは「フレーバーポテト」として、いくつもの味から選べる楽しさがあります。細切りタイプのポテトをベースに、チキンコンソメ、あぶり帆立バター、コーンポタージュ、紀州梅のり味など6種のフレーバーを揃えています。

ハンバーガーと並ぶ主力メニューがパスタです。カルボナーラ、ナスとベーコンのトマトソースなど定番ものから、チーズフォンデュ風クリームパスタといったひとひねりあるものなど豊富に揃えます。

デザートで注目したいのはパンケーキです。ストロベリー、チョコ、ホイップなどから選べ、ボリューム満点と評判です。テイクアウト不可ですので、イートイン利用の際は、ぜひオーダーして、カフェ気分を味わいたいですね。

ソースバー

注文カウンターの近くに、ソースが数種類置かれたセルフサービスのコーナーがあります。ポテトをおいしく食べる提案として導入されましたが、ポテトだけでなく、ハンバーガーやホットドッグにかけて自分好みにカスタムすることも可能です。ケチャップはもちろん、バーベキュー、ハニーマスタード、ガーリックマヨ、辛子明太子マヨ、チーズソースが無料で使い放題ですから、色々試すことができます。このオリジナルソースは、1本380円で販売もしています。

歴史

1977年(昭和52年)、サントリーホールディングス100%出資により設立。同年、東京・池袋に1号店がオープンしました。店名「ファーストキッチン」には、「ナンバー1のキッチンから、ナンバー1の商品が生まれる」という思いが込められています。業績好調でしたが、1980年代のバーガーチェーン業界のディスカウント競争に巻き込まれ、店舗数が減ってしまいます。価格で勝負するのではなく、商品のクオリティで勝負しようと、2005年(平成17年)、「シティコンビニエンスレストラン」をコンセプトに、メニュー、ロゴ、店内レイアウトなどを一新。ピザドッグをはじめとする低価格商品をなくし、ペペロンチーノやミートソースなどのパスタメニューが加わりました。