ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファストフード店事典

ファストフード店事典

ファストフード店のレジスタッフ

「レジスタッフ」は、オーダーを受ける、提供して料金を受け取る、というように来店した顧客と直接対面する仕事です。また、キッチンとの連携やオーダーを完成させる手際など、接客以外の仕事を顧客の前で行なうことが大半です。ですから接客態度や仕事内容がそのまま店の印象につながります。自分の仕事ぶりが店のイメージを大きく左右する、対外的に極めて重要なポジションだと言えるのです。そんなレジスタッフの仕事の詳細、またどんな人が向いているのかについて紹介します。

レジスタッフの仕事内容

レジスタッフの仕事内容

レジスタッフの仕事内容は、第一にその名の通りの「レジ打ち」と「接客」です。オーダー内容の入力や会計、またオーダーの変更や会計ミスなどで打ってしまった伝票を取り消す「ヴォイド」など、レジスターを使いこなす必要があります。また、お釣りを間違えてしまうなどのミスがない正確さ、そして忙しい時間帯には次々とオーダーを処理する早さが求められます。顧客にとってはレジスタッフが店の「顔」になりますから、丁寧で笑顔を絶やさない応対が大事です。

レジ打ち以外の仕事内容

ファストフード店のレジスタッフは、オーダーを受けてから会計を済ませるまでの間、顧客の前でいくつもの仕事をすることになります。受けたオーダーをキッチンに通し、キッチンから出された商品をトレイに並べたり袋に詰めたりして、顧客に提供できる状態に整えます。接客だけでなくその仕事ぶりも見せることになりますので、お店の「顔」になるという訳です。ドリンクを準備するだけでなく、ポテトフライなどの調理を手伝うこともあります。ファストフード店は少ない人数で店全体を運営するので、開店や閉店の業務、掃除や食材の準備など、手すきのときにはいろいろな作業もします。経験が長くなってくると、新人に仕事内容や手順を教えるという仕事を任されることもあります。

こんな人にお勧め

その仕事内容が顧客と対面し、またキッチンスタッフとのやりとりもあるように、「人間を相手にする」ことが何よりの特徴です。ひたすら淡々と作業を進めていったり、処理をこなしていったりというものではなく、そこに必ず誰かとのコミュニケーションが介在します。ですから人と会うのが好き、人と話すのが好きという方が適任です。

また、忙しくても順序良くてきぱきと作業をこなせるという方にも合っています。ランチタイムや土日の営業などではレジの前に順番待ちのお客様がずらりと並ぶことも決して珍しくありませんが、これに圧迫されて焦る余りミスが出る、ということはどこでも見られる光景です。これに気押されずマイペースに仕事ができるか、それだけの集中力を維持できるか、仕事を通してどちらかのスキルが磨かれていくことでしょう。

レジスタッフの体験談から

「ラッシュ時の忙しさが大変だった」というのがレジスタッフ共通の体験談です。特にランチタイムは早さと正確さがいっそう求められる大変活発な現場です。コミュニケーションが重要なポジションなので、はっきり正確に伝える、また接客業なので、身なりをきちんと整えて笑顔で応対する、ということができるようになって、「自分に自信がついた」という感想が多くありました。イートインの顧客に「ごちそうさま」と真っ先に言ってもらえるのは、レジスタッフの特権です。店の「顔」として、店と顧客をつなぐやりがいのあるポジションです。