ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

焼肉屋[韓国料理]事典

焼肉屋[韓国料理]事典

アルゼンチンの代表的な焼肉料理「アサード」

アサードとは「ロースト」と言うスペイン語に由来する言葉。日本人にはあまり馴染みのない言葉ですが、アルゼンチンの代表的な焼肉料理として知られています。アサードはアルゼンチンの他、パラグアイやウルグアイでも一般的で、牛肉がメインで使われますが、地域によっては羊やヤギなど様々なものがあります。また、前菜として血のソーセージ「モルシージャ」や大型ソーセージ「チョリソ」などを焼いたのもアサードと呼ばれます。ここでは牛肉の消費量が多いアルゼンチンで最も親しまれているアサードについてご紹介します。

アサードとは

アサードとは

もともと放牧民でもあるガウチョたちが、野外で豪快に牛などの肉を焼いて食べていたのが原型となり、アサードが生まれました。肉類を薪や炭などを燃料に、網の上でじっくりと焼いた料理をさし、レストランや家庭でも一般化しています。アルゼンチンは広大な土地で肉牛を放牧飼育し、牛が人口の何倍もいるという牧畜の国であることから、食事も牛肉がメイン。そのため、アサードは肉を焼いた料理の総称ですが、アルゼンチンでは牛肉を使ったアサードが主流です。

アサードの種類

一般的にスペイン語で「バカ」と呼ばれる牛肉が食べられますが、南部のパタゴニアでは羊肉やヤギ肉のアサードも食べられます。「パリージャ」と言う網で焼くことから、現地では「パリジャータ」というアサードもあり、パリジャータは赤身肉の他、小腸などの内臓系や、チョリソの加工肉などをミックスさせた料理をさします。

味付け

基本的には塩のみというシンプルな味付け。スパイスなどを使うアサードも見られますが、辛味のないスパイスを使うことが多いので、老若男女に親しまれています。また、焼いている間に脂が落ちる他、にんにくやハーブ、ビネガーなどをブレンドした「チミチュリ」と呼ばれるソースを好みでかけるケースもあり、ボリュームはありながら女性でも500gはペロリと食べられてしまう程です。チミチュリは近隣の国でも一般的なソースですが、アルゼンチンのチミチェリは、唐辛子が入っていないのが特徴で、辛味が苦手な人にもおすすめです。

アルゼンチン人とアサード

アサードは誕生日やクリスマス、新年の祝いや節目の席など、親族や友人が集まる席には必ずと言って良い程登場する伝統的な料理。骨付肉や塊肉を豪快に焼くアサードは、バーベキューの定番にもなっています。パラグアイなどではアサードの大会も行なわれ、街中で参加者が焼き上げた自慢のアサードを食べるイベントが開催されています。このように、アルゼンチン人にとって、アサードは日常的にはもちろん、特別な日やイベントなどにも欠かせない、生活に密接した料理なのです。

アサードとアルゼンチンワイン

パーティなどでアサードを食べる際、サラダやパン、ライスが添えられますが、肉食のアルゼンチン人はほとんどサイドメニューには手を付けないと言います。その代わりに登場するのがアルゼンチンワイン。アルゼンチンにはメンドサ州やサルタ州で作られるおいしいワインが豊富で、アルゼンチンワインのパワーのある味わいは、牛の赤身肉に最適です。バーベキューでは、肉を焼くのは男性の役割なので、ワインを片手に肉をじっくり焼く男性の姿が多く見られます。