ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

焼肉屋[韓国料理]事典

焼肉屋[韓国料理]事典

韓国料理の中でもポピュラーな肉料理「プルコギ」とは?

プルコギとは、韓国料理の中でもポピュラーな肉料理。韓国語で「プル」は火を、「コギ」は肉を意味します。日本では肉を焼く料理、と言えば焼肉が頭に浮かびますが、プルコギは、焼肉とすき焼きの中間のような料理です。中央が盛り上がった独特な形状の鍋で調理します。韓国料理と言っても辛くない場合が多く、甘いタレを使った味付けが日本人の味覚によく合い、日本国内でも広く知られるようになりました。牛肉を使うのが一般的ですが、本場である韓国では豚肉や鶏肉など様々なバリエーションがあります。

プルコギの特徴

プルコギの特徴

プルコギに使う食材や味付け、調理法をチェックしてみましょう。

食材

メインとなるのは、牛肉の薄切り。薄くスライスされた肉であれば良く、ロースやヒレ、バラなど肉の種類は様々です。さらに、タマネギやニンジン、パプリカなどの野菜もたっぷりと使います。春雨やキノコなどを追加することもあります。

味付け

甘い漬けダレが味の決め手です。醤油ベースの合わせ調味料に、韓国産の水あめやハチミツなどで甘さを出しています。さらに、すりおろしたリンゴやナシを加えて肉をやわらかくしたり、すりおろしたニンニクやタマネギなどを加えて味に深みを持たせたり、それぞれの店や家庭ごとに工夫を凝らすことで味に違いが出ます。漬けダレが完成したら、牛肉を漬け込んで味付けをします。タレを十分に吸って、肉の色が茶色くなるまで漬け込むのがポイントです。

調理法

真ん中が盛り上がったプルコギ鍋を使用します。山になった部分で焼き、鍋のフチの部分に溜まったタレで煮るようなイメージで調理します。家庭で調理する場合、プルコギ鍋がないときはフライパンで代用することもできます。店によっては、漬け込んだ肉を網焼きにして提供することもあります。

食べ方

タレの味が染み込んだ牛肉と野菜は、ご飯と相性抜群です。サンチュに巻いて食べる人もいます。韓国の家庭では鍋のまま食卓にならび、みんなで鍋をつつくのもよく見られる光景です。

プルコギのバリエーション

本来は牛肉を使って調理するプルコギ。しかし、今では豚や鶏など様々な食材を使ったプルコギがあります。韓国では、プルコギとはタレに漬け込んでから火を通す料理、として親しまれているのです。また、ハンバーガーやキンパッなど、他の料理とのコラボレーションも登場しています。

牛肉を使わないプルコギ

例えば、豚を使ったプルコギ「テジプルコギ」や鶏を使ったプルコギ「ダップルコギ」があります。プルコギには、肉だけでなく、手長ダコやイカなどの海鮮を使い、味付けがピリ辛のものもあるため、食材によって牛肉のプルコギとはかなり異なる場合があります。しかし、食材をタレに漬け込んでから焼いたり煮たりして火を通す、というスタイルから、プルコギと呼ばれています。

プルコギのアレンジメニュー

本場の韓国だけでなく、日本でもプルコギを使った様々なアレンジメニューがあり、プルコギの人気ぶりを感じさせます。韓国風海苔巻のキムパとプルコギを合わせたり、ハンバーガーやピザの具材に使ったり、店ごとに工夫を凝らした様々なアレンジが登場しています。