ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

焼肉屋[韓国料理]事典

焼肉屋[韓国料理]事典

スタミナ料理で女性にもブームになったホルモン

脂身がたっぷり付いた身を網で焼いたり、野菜と共に鉄板で炒めたりなど、ホルモン料理はリーズナブルな庶民派グルメとして親しまれ、ホルモンをメインとしたホルモン焼き専門店も続々と登場しています。スタミナ満点なうえ、美容や若返り効果も期待できるとされるコラーゲンもたっぷりとあって、女性の間でも大ブームに。ホルモンとは内臓全般を指す場合もありますが、このページでは「ホルモン=腸」という観点で解説します。ホルモンの基礎知識や賢い食べ方をおさらいしましょう。

名前の由来

名前の由来

戦後の大阪で、ある洋食レストランの店主が、もともとは捨てていた内臓の部位をメニューにしたことで、大阪弁の捨てるものを意味する「放るもん」が由来となったという説や、体内の組織や器官の活動を調節する生理的物質を「Hormon」と言うドイツの医学用語があり、栄養豊富な内臓系は体に活力を与えるとして名付けられたという説など、諸説あります。しかし、戦前においても内臓に限らず、スタミナの付く料理はホルモン料理と呼ばれていた事実があることから、ドイツ語の「Hormon」説の方が主流とされています。

ホルモンの種類

ホルモンと言っても焼肉屋のメニューには様々なホルモンの種類が。その呼び方と腸の部位を解説します。

大腸

「シマチョウ」「テッチャン」と呼ばれ、大腸の中でも特にやわらかい部位が使われます。脂肪が多く、焼くと脂が適度に落ち、その煙でいぶされることよって、味わい深いコクと香りが倍増。

小腸

「コプチャン」という名前の他、見た目から「ホソ」「ヒモ」とも呼ばれています。焼肉屋のメニューに見られる「マル腸」は、筒状の小腸をひっくり返し、適当な大きさに切ったもの。

直腸

開いた形が似ていることから「テッポウ」という呼び名に。脂ののりが良く、プリプリとした食感が特徴。ひと口食べると肉汁が溢れ出し、噛めば噛む程うま味が増していきます。

賢い食べ方

ホルモンはスタミナ料理として栄養が満点ですが、人の体に不可欠な炭水化物や食物繊維、ビタミンA、D、E、Cなどは含まれていません。そのため、ご飯や野菜と一緒に食べることで、栄養バランスを整えながら食事を採ることができます。

また、ホルモンは内臓系の中ではカロリーが高め。食べすぎに注意が必要なのはもちろんですが、カロリー摂取を抑え、体に良い食べ方があるのでその一部をご紹介します。

焼肉の前に野菜

キムチやナムルなどを焼肉の前に食べることで、空腹を満たすことができる他、野菜が持つ食物繊維により、肉が体脂肪になるのを防ぐ効果があります。

食べる順番に注意

前述したように、焼肉の前に野菜を食べた方が良いと同じ理由で、焼肉も食べる順番を考慮したいものです。最初は赤身やカロリーの低い内臓系を、その次にホルモンを食べるようにすれば、食べすぎを防ぎ、カロリー摂取を控えることができます。また、少量ずつ色んな部位を食べることで、栄養のバランスも上手に摂れます。

よく噛んで食べる

どの食べ物でもそうですが、よく噛んで食べると消化が良くなるうえ、満腹中枢が脳に伝わるのが早まり、食べすぎ防止につながります。弾力が独特のホルモンは噛むごとにうま味が広がるので、よく噛んで食べれば、よりおいしくて体にも良いという訳です。