ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

焼肉屋[韓国料理]事典

焼肉屋[韓国料理]事典

定番のカルビと並ぶ人気のロース!カルビと一体何が違うの?

カルビと並んで定番人気のロース。カルビよりも脂身が少なく、さっぱりと食べられるのが特徴です。ロースという名前は「ロースト(焼く)するのに適した部位」という意味もあり、本来ロースとは、アバラ周辺をカルビと呼ぶのに対し、肩や背中、モモなどの部位を中心とした、カルビ以外の精肉をロースと定義しているのが一般的。ヒレやサーロインもロース肉のひとつとされています。つまり、焼肉屋のメニューでは、ロースと一概に言っても、使っている肉の部位は店によって様々なのです。

ロースの種類

ロースの種類

焼肉屋では馴染みのあるロースですが、冒頭でも述べたように、ロースはあらゆる部位を一括にまとめた名称。そんなロース肉の詳細を部位別に紹介します。

肩ロース
首の後ろから肩にかかった部位。適度な霜降りはありつつ、筋肉が発達しているので、身が締まった赤身の食感が食べ応え満点です。
リブロース
肩ロースから続く背中部分を指し、断面積が大きいのが特徴。サシと赤身のバランスが良く、焼肉の他、ステーキ用としても利用されます。
サーロイン
リブロースよりもお尻よりの部位。牛肉の部位の中で最高の質を誇ることから、「サー(sir)」という称号が与えられたと言われています。ステーキの代表格とも言えますが、焼肉屋では自分好みの焼き加減で食べられるのが魅力です。
ヒレ
サーロインの内側部分で、取れるのは1頭の牛からほんのわずか。さらにヒレの中でも中央部分は「シャトーブリアン」と呼ばれる高級品です。体の中でもほとんど動かさないパーツなので、肉質は筋肉がなくいたってしなやか。店や地方によっては「フィレ」や「ヘレ」、アメリカでは「テンダーロイン」とも呼ばれています。
ザブトン
肩ロースの上部を位置し、薄い座布団のような形をしていることから名付けられました。細かいサシが入り、赤身の味わいも上品なのでサッと炙って食べるのがおすすめ。「はねした」「モミジ」とも呼ばれています。
ミスジ
肩甲骨の下の部分で、大きな牛でも取れるのはほんのわずかと言われています。腕の部位では霜降りが最も入り、上質なカルビのようにトロける食感。最近ではロースとしてではなく、ミスジそのものとしてメニューに登場しています。
モモ
後ろ脚の付け根部分。脂身が少なく、赤身がほとんどなので、牛本来の味わいを楽しめます。脂分が少ないため、焼きすぎると身が固くなってしまうので注意しましょう。「シンタマ」などと呼ばれる、内モモのさらに内側にある部位は身がさらにやわらかく繊細です。
ランプ
「イチボ」とも呼ばれ、牛の背中とお尻の中間に位置。キメが細かくやわらかで、うま味が濃い赤身の食感が特徴で、焼肉はもちろん、刺身やユッケなどにもよく使われています。

焼肉屋のロースメニュー

一般的に、カルビ以外の赤身肉をロースと銘打っているため、肩ロースを通常のロース、リブロースを上ロースとして販売するなど、提供の仕方は店それぞれ。店によって部位が異なるため、味はもちろん食感やサシの入り具合が違うのもロースの特徴です。ロースが何種類もある店は、店員にどこの部位かを聞いて食べ比べるのも楽しみ方のひとつと言えます。