ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

「活気、旬、伝統」を楽しめる「にぎりの徳兵衛」

にぎりの徳兵衛は、名古屋市中区に本社を置く株式会社アトムの経営するグルメ路線の回転寿司チェーン。「活気」「旬」「伝統」を楽しむ回転寿司として、鮮度と産地にこだわったお寿司を提供しています。全国展開する株式会社コロワイドのグループ企業で、多くの店舗が中部地方に集中していますが、北関東や東北地方にも店舗展開しています。

高級志向の回転寿司

高級志向の回転寿司

にぎりの徳兵衛は、1965年(昭和40年)に徳兵衛寿司として創業したのが始まり。1972年(昭和47年)に福井県福井市で「株式会社徳兵衛寿司」が設立され、徳兵衛寿司を継承しました。1980年(昭和55年)、日本テレビ音楽株式会社と「鉄腕アトム」のキャラクター使用許諾契約を結び、契約の管理会社として株式会社アトムボーイを設立。商号を現在の株式会社アトムへ変更しました。1992年(平成4年)に愛知県豊田市に、高価格帯の「廻転寿司アトムボーイ(現在は海鮮アトムボーイ)」第1号店を開店。子どもに人気のキャラクターを使ったマーケティングで人気店となりました。2000年(平成12年)にには、愛知県小牧市に寿司全品100円という低価格設定の「回転アトムすし」を開店。2002年(平成14年)には愛知県東海市に高級志向の「回転寿司にぎりの徳兵衛」第1号店を開店し、価格帯の異なるブランドを展開していきます。しかし一皿100円の回転寿司がブームになると、他店との競争が激しくなり業績が悪化。2005年(平成17年)に株式会社コロワイドの連結子会社となり、経営を再建しています。

一括管理で安心できるお寿司を

情報技術の発展とともに消費者の関心は高まっているのが「食の安全性」という問題。特に海外からの食材の輸入が増加し、供給ルートが世界規模に広がっている現代では、食べ物を扱う企業の責任は重いものとなっています。にぎりの徳兵衛では外食産業の本質として、「おいしいお料理を、安心して気持ちの良いサービスのもとに召し上がって頂く」ということを徹底。食材を一括管理し、生産者がはっきりした食材を調達しています。さらに店舗での衛生管理についても、現場指導を細心の注意をはらって行なうことで、安全な食材の確保に努めています。また、にぎりの徳兵衛では環境問題を重視し、無駄を省くことで食材ロスの減少を図り、店舗から出るごみの減量に努めるなど、環境への取り組みを行なっています。その積み重ねが社会の意識変化に結び付いて環境負荷の低減、循環型社会の実現につながると考えています。

多様なニーズに応えるドミナント戦略

生活の変化とともに、外食においてもニーズの多様化が進み、にぎりの徳兵衛を経営する株式会社アトムでは、同一地域、同一ビル内、同一フロア内で他業態の外食ブランド店を出店する「ドミナント戦略」を推進しています。にぎりの徳兵衛をはじめ、寿司店だけでも「海鮮アトム」、「廻転すし海へ」、「アトムボーイ」といったブランドがあり、他にも「甘太郎」や「いろはにほへと」などの居酒屋、「ステーキ宮」や「和牛ステーキ桜」などのステーキ店、「カルビ大将」や「がんこ亭」などの焼肉店、「時遊館」などのカラオケ店と、バラエティに富んだ業態を展開しています。その強みを生かし、異なる年齢層や価格帯、利用目的などによって、様々なターゲットの多様なニーズに対応しています。