ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

寿司ネタ事典 「な、は、ま行」ネギとろ、ひらめ、まぐろなど人気のネタをご紹介

皆さんの大好きなお寿司のネタを紹介します。

なす なす

寿司ネタにナスを使用する場合、漬け物と天ぷらの2通りがあります。ナスの漬け物の寿司は、さっぱりとして箸休めにもぴったり。ナスと油の相性が良い天ぷらで味わう場合は、甘ダレをつけてサクサク食感を楽しみます。

納豆 納豆

寿司ネタの納豆は、ひきわり納豆が使われることがほとんどです。軍艦巻きや、細巻き寿司でいただきます。納豆にはビタミンBやイソフラボンをはじめとする様々な栄養が豊富に含まれており、健康食材としても人気です。

ネギとろ ネギとろ

骨のすき間や筋、皮の裏に残った身をこそげ落としたものが本来のネギトロですが、現在食べられているものの多くはマグロの身に油脂や調味料を加えて作られています。ネギトロの語源には諸説ありますが、身をこそげ落とすことを「ねぎる」と読んでいたから、という説が有名です。

はまち はまち

関西では、出世魚であるブリの幼魚をハマチ、関東ではイナダと呼びます。現在は市場に出回っているブリのほとんどが養殖ですが、関西において養殖業が盛んであったことから、関西に限らず、養殖ブリの幼魚をハマチと呼ぶ店が多くなったと言われています。

ひらまさ ひらまさ

ブリの仲間で、夏になるとブリに変わって登場する機会が多くなります。引き締まった身は程良い歯ごたえがあり、ブリと比べると後味がさわやか。薄紅色の身が見た目にも涼しげで、夏の季節にぴったりの寿司ネタです。

ひらめ ひらめ

平べったい姿形がカレイに似ていますが、カレイよりも大きな魚です。天然魚は大量に捕れないため、高級品とされています。白身魚の王様とも言われ、ねっとりとした甘味とぷりぷりした食感が特徴です。冬のイメージが強い魚ですが、秋から春にかけておいしく食べられます。

びんとろ びんとろ

ビンナガマグロという種類のマグロです。この魚は体全体に脂がのるため赤身とトロの区別がなく、「ビンナガマグロのトロ」を略してビントロと呼ばれています。手頃な価格でトロのような味わいと食感が楽しめるため、回転寿司などで人気が高い寿司ネタです。

太巻き 太巻き

魚介や卵、カンピョウ、桜でんぶ、キュウリなど様々な具材を巻いた寿司です。近年は、干支の方角に向かって巻き寿司を食べる「恵方巻き」の風習で知られ、節分の時期にスーパーやコンビニで様々な種類の太巻きが販売されています。

ぶり ぶり

出世魚であるブリは、成長するにつれ名前が変わります。幼魚の呼び名は地域によって異なりますが、体長1m程の大きさになるとどの地域でもブリと呼ばれます。旬は冬。たっぷりと脂がのっており、上品な甘さと程良い酸味が堪能できます。

ほたて ほたて

東北や北海道などの冷たい海に住む二枚貝で、扇形のカラが10cm程の大きさになると食べ頃を迎えます。ホタテは生のまま提供されることが多い寿司ネタですが、江戸前寿司では醤油やみりんなどで煮込んでから握ります。

ぼたんえび ぼたんえび

味わいはアマエビとよく似ていますが、アマエビよりも大ぶりのため、肉厚でとろりとした舌触りが特徴です。ボタンエビではなく、同じタラバエビ科のトヤマエビがボタンエビとしてメニューに並ぶこともあります。緑色の卵は珍味として人気があります。

まぐろ まぐろ

寿司ネタに使われるのは主に、クロマグロ(ホンマグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロの4種類です。マグロは、部位によって味わいが異なる魚です。もっとも高価な大トロはお腹の部分。赤身は背の部分です。