ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

魚偏の漢字 あ行

魚偏の漢字を紹介します。

鯏(あさり) 鯏(あさり)

もともとは中国で「蜊」とあらわされていた字ですが、日本に入ってきた際、アサリは海辺の生きものであることから「魚」の字に変え「鯏」になったとされています。砂浜の浅い場所に住んでいることから、アサリと呼ばれるようになりました。

鯵(あじ) 鯵(あじ)

「鰺」のつくりにはもともと「喿」の漢字があてられており、「なまぐさい」という意味をあらわしていました。アジが一番おいしいとされる季節が3月であることから、数字の3をあらわす「参」が使われるようになったと言われています。

鮎(あゆ) 鮎(あゆ)

「鮎」の字は、もともとは「ナマズ」を指す字でしたが「日本書記」において、「神功皇后が天皇の戦勝について占った際、アユが釣れた」と記されていたことから、「占いに使用した魚」を由来として「鮎」がアユの魚を指すようになったと言われています。

鮑(あわび) 鮑(あわび)

「鮑」の字はもともと、「腹を開いて塩漬けにした魚」を意味する言葉として中国で使われていたものです。その後、中国では魚の干物を指す漢字として使用されていたのですが、「鮑」の字が日本に伝わった際、アワビをあらわす字として広まりました。

鯆(いるか) 鯆(いるか)

つくりの「甫」には、「はぐくむ」との意味があり、ほ乳類であるイルカの、乳で子を育てる様子から付けられたと言われています。もうひとつの表記として日本で使われている「海豚」は、中国でイルカをあらわす「江豚」に由来しており、これは、長江の河口から川をさかのぼるイルカの姿をあらわしています。

鰯(いわし) 鰯(いわし)

水から出るとすぐに死んでしまう魚であることから、「弱い魚」をあらわした「鰯」の字が作られました。大量に捕れるためあまり高級でなく身分の低い魚であったことから、「卑しい魚」の意味からイワシと呼ばれるようになったと言われています。

鰻(うなぎ) 鰻(うなぎ)

ウナギのつくりの字には「細長い」「長く伸びる」という意味があり、ウナギの見た目をそのままあらわした「鰻」の字が使われるようになりました。ウナギの語源は、ウナギの胸が黄色いことから「胸黄(むねぎ)」がなまりウナギとなったとされています。

鱗(うろこ) 鱗(うろこ)

魚の表皮に連なってならんでいるウロコの様子を、「鬼火のように連なっている」との意味を持つ、つくりの字にあてました。平安時代はウロコのことを「いろこ」「いろくず」と読んでおり、「いろ」には「ざらざらした」という意味があったと言われています。

鰕 (えび) 鰕 (えび)

一般には「海老」とあらわされることが多いのですが、一文字であらわすときは「蝦」の字を用います。つくりの字には「体を曲げる」の意味があり、エビの見た目から「蝦」の字があてられるようになりました。「海老」の字にも、老人のように背中を曲げているという意味が込められています。

鰓(えら) 鰓(えら)

魚の呼吸器であるエラをあらわしています。「思」の字は頭と心臓をあらわしており、頭と心臓の間、つまり胸のあたりで鼓動するエラの状態からこの字が用いられたと言われています。「エラ」の読み方の他、「アギト」と読むこともあります。