ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き事典

お好み焼き事典

関西風お好み焼き

お好み焼き二大勢力のひとつ、「関西風お好み焼き」の特徴を紹介します。関西ではお好み焼きが非常に愛されており、「主食」とも「おかず」とも、または「おやつ」とも捉えられています。そのためご飯や汁物などとお好み焼きがセットで提供される「お好み焼き定食」も日常的な料理として好まれています。言わば「関西人のソウルフード」。食感やトッピング、そして味付けにも特色があり、現在では関西のみならず全国にファンの広がりが見られます。

具材を混ぜてから焼く「混ぜ焼き」

具材を混ぜてから焼く「混ぜ焼き」

関西風お好み焼きの特徴のひとつが、ふっくらとしたやわらかい食感です。口に含むと、それぞれの具材が一体となった厚さのある生地の食べごたえを感じられるでしょう。その理由は、具材を焼く前にしっかりと混ぜ合わせているからです。小麦粉の生地と粗みじん切りをしたキャベツなどの具材が良くなじんで、その上、中に空気が含まれるように混ぜることによりふっくらと焼き上がるため、関西風独特の食感が生まれます。さらに食感を軽くするために、生地にナガイモを混ぜることもあります。

混ぜるのは焼く直前に!

食感の良さをより高めるために、キャベツは多めに入れることが見受けられます。しかし水分の多いキャベツを生地と混ぜて時間を置くと、キャベツの水分が出てせっかくの食感を損ねてしまう恐れがあります。そのために、生地と具材を混ぜ合わせるのは焼く直前がベストなタイミングです。

トッピングの傾向

生地を焼いたあとから上に乗せるトッピングの具材は、関西風の場合、豚肉やイカがよく好まれます。しかし「お好み」だけあって、お店によって様々な具材が用意されていますので、お好きなものを注文するのが良いでしょう。一例を挙げると、豚肉やイカの他には、エビ、タコ、ホタテ、チーズ、キムチ、もち、納豆などが人気です。

関西風お好み焼きの味付け

焼き上がったお好み焼きに味を付ける物と言えば、ソースです。かつて関西で比較的好まれていたソースはウスターソースでしたが、現在は各ソース製造会社がしのぎを削って開発した「お好み焼きソース」を使用する店が主流です。粘度が少なくさらりとしたウスターソースはお好み焼きの上から流れ落ちてしまうため、ある程度の粘度を持った専用ソースが好まれているようです。

甘辛い味のソース

これらの関西風お好み焼きソースの味は比較的、辛口です。豚肉とキャベツの甘みによく馴染むため、辛口のソースが口の中でお好み焼き本体と絶妙なハーモニーを奏でます。また、各地方特有の「地ソース」の流行により、お店や地域によってソースの味も違うためいろいろな味覚を楽しむことができます。

マヨネーズのまろやかさ

もうひとつの味付けの特徴が、マヨネーズです。まろやかな味わいがプラスされ、風味も増します。1975年(昭和50年)頃から使用され始めたと言われており、現在は大阪のお店のほとんどでマヨネーズをかけられて出されています。ソースとマヨネーズを混ぜた物を刷毛で塗るタイプと、先に細いノズルがついた「ディスペンサー」と呼ばれる容器で線状に出しながらかけるタイプが主流です。