ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き事典

お好み焼き事典

広島風お好み焼き

近年、日本全国でご当地の「B級グルメ」が脚光を浴びています。昔からその地方にあるメニューもあれば、町おこし・村おこしのために地元で採れる食材を活かした新しいメニューを考え出して売り出している物もあります。そんな「ご当地グルメ」の代表的な物に挙げられるのが、広島風のお好み焼きです。関西風とは作り方や味付けなどが異なっており、通の中には「関西風と広島風は別の食べ物」と言い切る人までいるとか。ここでは、その広島風お好み焼きの特徴を紹介します。

具材を重ねて焼いていく「重ね焼き」

具材を重ねて焼いていく「重ね焼き」

大正時代に流行し、現在のお好み焼きの原型と言われる「一銭洋食」。屋台の鉄板で焼かれていた物で、水で溶いた小麦粉を薄く焼いた物の上にネギなどの具材を乗せて作っていました。関西で生まれたこの手法を現在まで受け継いでいるのが、広島風お好み焼きです。小麦粉を水で溶いたものを鉄板の上で薄く伸ばし、その上にキャベツ、肉などの具材を「乗せて」焼いていく手法は、焼く前に具材を良くかき混ぜておく関西風とは異なります。一説によれば、関西でも昔は一銭洋食の流れを汲んで「乗せ焼き」が一般的でしたが、のちに「混ぜ焼き」が考案されて定着したと言われています。

具材と混ぜない生地は薄いまま焼く

「混ぜ焼き」の場合、生地と具材が一緒になるために生地全体が厚みを持ちます。一方の「乗せ焼き」では生地は薄くクレープのように焼かれます。広島風では生地の他にそばを入れることが一般的なため、必ずしも生地が厚みを持っていなくてもボリュームが付けられるという利点もあります。そして最後には薄く伸ばした卵を重ね、生地~具材~卵の各層によるサンドイッチのような構造になります。

混ぜないからできる豪快なトッピング

広島風のトッピングの特徴は、具材を混ぜずに乗せて焼く手法のため、様々な素材が利用できる点にあります。イカ、エビ、もち、チーズなどはもちろん、「イカ天」と呼ばれるスナック菓子、牛すじ、ベーコン、カキなども人気です。また、広島県内でも各地で特色あるトッピングが見られ、尾道市では砂肝を、世羅町ではトマトや大葉を、神石高原(じんせきこうげん)町では地元の神石牛やコンニャク麺を、三原市では鳥モツを入れるなど、バラエティーが非常に豊かです。具材本来の味がそれぞれ活かされ、比較的甘めのお好み焼きソースでまとめられる味わいが、広島風お好み焼きのおいしさとなります。

そばだけでも増量オーダー可能!

広島風のお店のメニューを見ると、よく「シングル」「ダブル」との表記を目にします。これは、そばの量が1玉か2玉かを選べることができることを表しています。例えば「肉イカ玉そばダブル」というメニューには、豚肉、イカ、卵に加えて、そばが2玉入っているという意味です。一方「肉イカ玉そばシングル」の場合は、そばが1玉入っています。つまり、そばだけでも増量オーダーができるのが広島風の特徴のひとつです。