ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

こだわりの豚骨スープが特徴のラーメン屋「山岡屋」

山岡家は1980年(昭和55年)、お弁当のフランチャイズ店として開業したのが始まりです。その8年後より親しまれる物をとラーメンに着目。ブームに惑わされない本当においしいラーメンを作ろうと試行錯誤の末に、山岡家の原型となる豚骨スープのラーメンが誕生しました。栃木県牛久市から生まれたこの味は、現在、北は北海道、南は九州へと広がっています。ほとんどの店舗が主要幹線道路のロードサイドにあり、年中無休の24時間営業で券売機による食券購入のシステムを導入。気軽さと営業時間から、ご近所の馴染み客はもとより、深夜に走るドライバー、残業帰りの会社員らからも支持されています。

熟練職人が作る至極の一杯

熟練職人が作る至極の一杯

創業者の「山岡正」氏が納得の行くまで追求を重ねた末に生み出した、究極の豚骨スープ。そのこだわりのスープは、すべての直営店に受け継がれています。また、チャーシューや白髪ネギに至まるで1店舗ごとに手作りされていて、全国、どこの店でも同じ味を提供しています。熟練職人が手間隙をかけ作り出す情熱の賜物は、家庭や市販のラーメンでは味わうことのできない一杯と言えます。

コクを極めたスープ

豚骨ベースのスープも、もちろん店舗ごとに作られています。厳選された豚骨を鍋いっぱいに投入し、熟練した職人の手によって丸3日かけてじっくり煮込みます。深い豚骨ならではのコクと、程良い甘みのあるスープは手間暇をかけて作られているのです。3日間かけて煮込んだ翌日には、新たに豚骨を追加して微妙な火加減でさらに煮込みます。いかに旨味を引出せるかの繊細な作業に熟練職人の腕は欠かせません。

特製タレの本格チャーシューも手作り

豚骨スープを引き立てるのがチャーシューです。肩ロース肉の塊を1時間近く茹で、特製のタレに漬け込み完成させます。特製タレは毎日継ぎ足して作る秘伝の味。この秘伝の特製タレがしっかりと染み込んだチャーシューは、ラーメンの引き立て役にとどまらず熱烈なファンもいる程です。

味に華を添える白髪ネギ

創業者の山岡氏がおいしいラーメンを追求する中で、白髪ネギの魅力に注目し今や山岡家の代名詞となるネギラーメンが誕生しました。ネギは純国産で、山岡家専用に規格・栽培したもののみを使用しています。機械は一切使わず、包丁のみで素早く切って作る白髪ネギは、新鮮さに加えて香りと歯ごたえの良さも抜群。ラーメンに華を添えおいしさを際だたせます。

ロードサイドを中心に展開

ひと目でラーメン店と分かる赤を基調とした看板が目印の店舗は、全国の主要幹線道路を中心にロードサイドで展開しています。大型トラックも利用可能な広い駐車場を有していて、年中無休・24時間営業(一部深夜までの営業も有り)なので、深夜に仕事でハンドルを握るドライバーなどから、時間を気にせずいつでも食べられると絶大な支持を受けています。

気軽さと親しみやすさ

誰でも気軽に立ち寄れるようシンプルさを心がけています。注文も券売機で食券を購入するシステムを導入。食べたいラーメンとトッピングの注文が気軽にでき、食後の清算の手間もはぶけると好評です。また、水もセルフサービス制となっており、気がねがなく気軽に立ち寄れるラーメン店です。