ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

白濁した豚骨スープが印象的な九州地方のラーメン!

九州のラーメンと言えば、豚骨ラーメンをイメージする人が多いのではないでしょうか。そんなイメージを裏付けてくれるかのように、元祖九州ラーメンと言われる久留米ラーメンが、鹿児島県以外の九州全県に影響を与えたとの見解もあります。同じ豚骨ラーメンと言っても、独自性を発揮し、各地で発展してきたところが九州ラーメンの魅力と言えそうです。また、スープは豚骨ベースではあるものの、「そば」と称され、うどんのような麺を使っているのが沖縄そば。那覇市内にあった支那そば屋がルーツと言われており、ラーメンに近いものと捉えても良さそうです。

手違いで生まれた白濁した豚骨スープ

手違いで生まれた白濁した豚骨スープ

九州で最初に誕生したラーメン店は、1937年(昭和12年)創業の久留米市の南京千両と言われているものの、白濁した豚骨スープのルーツは三九という店で、手違いで豚骨を強く炊いてしまった結果、偶然できたとも伝えられています。博多ラーメンの豚骨スープよりも濃厚で、インパクトが強いというのが久留米ラーメンの特徴です。博多ラーメンと長浜ラーメンは、元来別物だったそうですが、博多ラーメンにも長浜ラーメンで取り入れていた麺をお代わりする替え玉というシステムが採用され、現在は両者にあまり違いがないと言われています。

臭みがなくマイルドな熊本の豚骨ラーメン

100%豚骨スープである博多ラーメンとは異なり、鶏ガラを加えるのが熊本ラーメンです。福岡県久留米市の三九の出店で生まれたという熊本県玉名市の玉名ラーメンの流れを汲むと言われていますが、マー油やニンニクチップなどで風味付けをし、マイルドな味わいに仕上げています。他の豚骨ラーメンとの大きな違いは、スープを当日に使い切り、継ぎ足しをしないことで独特の臭いを抑えていることだそうです。

独自のラーメン道を切り開く鹿児島県

豚骨をベースにしつつも、鶏ガラや野菜を加え、煮干しや干し椎茸などの出汁も加えたスープで提供されるのが鹿児島ラーメンです。九州で唯一、久留米ラーメンの影響を受けていないと言われています。いちき串木野市にはマグロの頭と野菜類を煮込んだスープと醤油ダレの串木野まぐろラーメンが、枕崎市には最高級の本枯れ節を使用したかつおラーメンがあり、豪快な魚介類を使ったご当地ラーメンとして異彩を放っています。

沖縄県では独自の麺料理が発達

沖縄で小麦粉を使った麺料理が食べられるようになったのは、明治後期以降だとか。当時、豚で出汁を取り、醤油で味を付けたスープに豚肉とネギを具に加えて食べられていたと言いますが、支那そばに近いものだったらしく、その後改良が重ねられて現在に至り、今も県民に親しまれている郷土の味です。「ソーキ」と呼ばれる豚のスペアリブをのせたソーキそば、豚バラ肉をのせた三枚肉そば、豚足をのせたテビチそば、豚モツをのせた中味そばなどがあります。麺は太めのややねじれた形が一般的ですが、石垣島など八重山列島では細めで断面が丸い麺、宮古島では縮れのない細めの平打ち麺といった違いもあります。