ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

ラードで炒めた具と太麺がウリのチャンポン麺

チャンポン麺は、豚肉、魚介類、野菜などラードで炒めたたっぷりの具がのることが特徴。豚骨と鶏ガラのあっさりスープで太麺を食べる日本で生まれた麺料理です。日本でもいくつかの地域に独自のチャンポン麺はありますが、それでも「チャンポン麺」と聞けば長崎チャンポンを連想する人も多いでしょう。事実、チャンポン麺は長崎県長崎市で生まれ、福建省の福建料理をベースにしたとされています。この料理はどうやって生まれ、広く知られるようになったのでしょうか。

チャンポン麺はいかにして生まれたか

チャンポン麺はいかにして生まれたか

長崎県長崎市。市内に今もある人気の中華料理店、四海樓(しかいろう)が長崎ちゃんぽん発祥店と言われています。初代店主だった陳平順(ちんへいじゅん)氏が、1899年(明治32年)、当時、長崎に来ていた中国人の留学生に向けて作ったメニューで、なるべく安価で栄養をたくさん取ってもらおうと、野菜や肉などの具材がいっぱいのるようになったそうです。その頃は長崎チャンポンではなく、「支那うどん」と呼ばれていました。今も私たちが口にする皿うどんも、この四海樓が考案したと言われています。

「チャンポン」という言葉のルーツ

「チャンポン」という言葉はどうやって名付けられたのかは諸説あります。中国、福建語の挨拶で「ご飯食べた?」という言葉を意味する「吃飯(しゃぽん)」が「チャンポン」に変わったという説。他にも、同じ福建語で「混ぜる」という意味の言葉から来ているとする説があります。日本でも「混ぜる」ということを指して、「チャンポン」と言うことがあります。料理名であり沖縄の方言であるチャンプルー、そしてマレー語とインドネシア語のチャンプルーにも、まったく同じ混ぜるという意味があります。実はこれらの言葉は、元々の語源が同じルーツではないかとされています。

太い麺こそ長崎チャンポンのウリ

各地にあるチャンポン麺ですが、ここではその代表格とも呼べる長崎チャンポンについて解説します。長崎チャンポンのスープは鶏ガラと豚骨で取ったダシで作ります。スープが白濁しているもののあっさりとした味がするのが一般的です特にスープに具材の旨みが溶け出して、深みがあるのも人気の秘密で、キャベツ、モヤシ、エビ、豚肉など麺を覆い隠す程のラードを炒めた具がのります。ボリューム満点なのも、留学生のお腹をいっぱいにしてあげたいという考案者の優しさから生まれたのです。

九州各地にあるチャンポン

福岡県北九州市、長崎県雲仙市、熊本県水俣市、熊本県天草諸島にも独自の進化を遂げたチャンポン麺があります。なかでも北九州市のチャンポンは早く作るために細い蒸し麺を使うなど、中太麺の長崎チャンポンとは麺の太さも異なっています。また、長崎チャンポンは九州の豚骨ラーメンにも影響を与えたとも言われていて、長崎県から一気に九州全域に広がっていたことを物語ります。

派生して生まれた各地のチャンポン

滋賀県彦根市には鰹節、昆布でダシを取るスープが特徴の彦根チャンポンがあります。長崎チャンポンと違って、炒めずに具を煮込むのも相違点です。愛媛県八幡浜市では、鶏ガラや煮干でダシを取ったスープに中太麺を組み合わせるチャンポンが食べられています。