ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

たっぷりの野菜と塩味スープが大人気のタンメン

タレとダシで作ったスープに炒めた肉、野菜を入れる。そうして完成した、具がたっぷりのスープを中華麺にかけて完成するのがタンメンです。スープはあっさりとした塩味で、一度に多くの野菜、肉を食べられると人気の麺料理のひとつです。肉、野菜をスープに入れて1杯ずつ作るやり方は、日本の味噌ラーメンとも似た作り方とも言えます。ただ、野菜を煮てそれをラーメンにのせた物を「タンメン」と呼ぶ場合もあるなど、地域やラーメン屋によりその定義がやや曖昧な部分もあります。バーミヤンや幸楽苑といったチェーン展開する店でも提供される程、一般的な麺料理のタンメンの特徴を解説していきます。

関東で生まれたタンメン

関東で生まれたタンメン

東京、または横浜で生まれたと言われるタンメン。いずれにしても、関東地区がタンメン発祥エリアと考えて間違いないでしょう。戦前からあったという説の他、満州から引き揚げてきた料理人が現地の家庭料理の味を再現した物が、日本のタンメンの始まりという説もあります。発祥店とされているのが1955年(昭和30年)創業の横浜にある一品香です。一品香は現在も横濱たんめんの店を掲げて営業を続ける人気店です。

タンメンという言葉の意味

鶏や豚など動物の骨や肉を煮詰めて作るダシを中国では「湯(たん)」と呼んでいます。そのためダシ、つまりスープと麺を組み合わせた料理はすべて「タンメン」ということになります。ただ、日本では炒めた野菜に塩味のスープを加えた麺料理を指して「タンメン」と呼んでいます。日本ではラーメン屋や中華料理店などで食べることができます。

タンメンの作り方

タンメンは、塩味のスープが特徴のひとつ。まず、豚、鶏ガラなどを煮込んでダシを作ります。最初にごま油で豚肉、モヤシ、ニンジン、キャベツ、ニラ、キクラゲなどの野菜を炒めます。炒め終えた野菜をダシに入れタレを加え、具をたっぷり加えます。この際、具を入れてから強火で煮込むため、タンメンのスープは白濁していることがほとんどです。ただ、見た目とは裏腹に塩味のあっさりとした味に仕上がっています。

使う具もラーメン屋により異なる

キャベツを入れたり、ハクサイを入れたりとタンメンに使う具は、店により千差万別です。キャベツを入れると甘さが出ますが、その逆によりさっぱり感を出そうとキャベツではなくハクサイを選ぶ店もあったりと、作りたい1杯に合わせた具を選びます。また、スープもただ塩味のあっさりだけでなく、ごま油、コショウ、ニンニクを入れるなどして、より深みのあるスープをそれぞれの店が追及しています。

野菜たっぷりが幅広く支持される

タンメンは、ファミリー層向けの中華料理店でも提供されています。一方で、タン麺の専門店も存在するなど、野菜がたくさん取れる麺料理として幅広い層から支持されています。なかには野菜11種、野菜だけで480gも使用する専門店もあります。これは一日の大人の野菜摂取量が350gであることを考えると、かなりたくさんの料理を摂取できることになります。タンメンも塩味スープだけでなく、味噌味のスープにするなど提供する店ごとに工夫を凝らしています。