ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

広東のラーメンとは別物!?日本の広東麺はとろみあるスープが特徴的!

「広東」と名が付くため、中国南部にある広東省で生まれた料理を連想しがちですが、広東麺は日本人が独自にアレンジを加えて作った料理です。ただ、広東で食べられる麺料理を指して「広東麺」と呼ぶこともありますが、現地で食べられるのは一般的なスープと中華麺を組み合わせたもの。そのため私たちが連想する、とろみのあるスープで食べる広東麺とは大きく違います。日本人が日本人好みにアレンジを加えた結果が、あの強いとろみに表れているのです。日本人に馴染み深いとろりとしたスープで人気の麺料理、広東麺とはどういった料理なのでしょうか。

中華料理の中で最もメジャーな広東料理

中華料理の中で最もメジャーな広東料理

「世界三大料理」と言われる中華料理には、北京、上海など地域ごとのジャンルがありますが、なかでも広東料理は最も有名な中華料理とさえ言われています。広東料理にはチャーシュー、かに玉、シュウマイなど一度は食べたことのある料理がたくさん。私たちが連想する中華料理の多くが、ルーツを辿れば広東料理に行き着くと言っても過言ではないでしょう。また、同じ麺料理であればワンタン麺も広東料理のひとつ。

中国の地名がなぜか料理名に

日本人は、他の国から伝わった料理を自分たち好みにアレンジして食べてきました。広東麺もその中のひとつです。例えば、名古屋発祥の台湾ラーメンも、「台湾」と名が付きながらも発祥は愛知県名古屋市です。これ以外にも麺料理でこそないものの、天津飯、中華丼といったご飯物に、広東麺と同じように中国の地名を組み合わせたメニュー名が見られます。広東麺も発祥の時期など詳しいことは不明ですが、「広東」という地名がいつしか日本の麺料理の名前として使われ、「広東麺」というメニュー名が生まれたのです。

片栗粉を入れる料理の派生系!?

天津飯、中華丼、それに広東麺。これらに共通しているのは片栗粉を使ってスープや餡にとろみを付けていることです。おそらく中華料理が日本国内で広まったとき、片栗粉を入れてとろみを付ける調理方法が考案され、それがご飯物や麺料理問わず応用されて広東麺を始めとする様々な料理が生まれていったと推測されます。

広東麺の作り方

広東麺は中華麺の上に、とろみのあるスープをかけることで完成します。スープ自体は塩やゴマ油を使うシンプルな物で、片栗粉を溶かしておくことでとろみを付けます。スープに入れる具は、湯通しした野菜や下処理した魚介、肉を油で先に炒めておきます。野菜を炒め終わったら、スープに投入。さらに煮込んでいきながら、スープに醤油、オイスターソースなどを入れて味を調えます。中華麺は別でいったん茹でておいてから、途中でスープに入れて具と一緒に煮れば完成です。

類似する麺料理も多い

広東麺のあのとろみのあるスープ。多くの麺料理に合うため、様々な料理に応用されています。言ってしまえば、麺に違いがあるだけで、焼きそばの麺を使えば五目そばや五目あんかけそば、中華麺を使った物で広東麺でなく「五目ラーメン」と呼ぶ店もあります。非常に似ているのが「サンマーメン」と呼ばれる横浜生まれのラーメン。たくさんの炒めたモヤシを、片栗粉を溶いた餡に絡めて食べる麺料理です。キクラゲ、かまぼこ、豚肉などが入っていることもあります。