ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

和食店[日本食]事典

和食店[日本食]事典

愛知県発祥の人気のしゃぶしゃぶチェーン「木曽路」

「木曽路」は、愛知県名古屋市に本社を置く、株式会社木曽路が展開するしゃぶしゃぶチェーン店です。リーズナブルな価格帯で、品質にこだわった食材と充実したサービスを提供しており、普段とは違う法人の接待や休日の家族連れなどに利用されています。

全国展開するしゃぶしゃぶチェーン

全国展開するしゃぶしゃぶチェーン

株式会社木曽路は、松原正行氏によって1952年(昭和27年)に名古屋市中区に設立された株式会社まつば喫茶がもとになっています。1966年(昭和41年)9月に民芸風しゃぶしゃぶの木曽路1号店を名古屋市中区南瓦町にオープンしました。1975年(昭和50年)、セントラルキッチンを名古屋市天白区に設置し、1981年(昭和56年)に和風のファミリーレストランのファミリー木曽路第1号店を開店しました。翌年には東京都銀座に木曽路銀座五丁目店を開店し、関東地区進出を果たします。

1992年(平成4年)本社に和食のプロの職人を育成するため、職場に慣れながら調理技術を身に付ける木曽路調理スクールを開校しました。1994年(平成6年)物流センター兼調理加工場の木曽路名古屋工場を愛知県大府市に設置。1994年(平成6年)木曽路名古屋工場にセントラルキッチンを移転し、全国の木曽路で使用する食材をここで加工して、品質の安定を図りました。2009年(平成21年)3月31日時点で、木曽路だけで東海地区に33店舗、関東地区48店舗、関西地区30店舗、九州地区3店舗の合計114店舗を展開また、他業態69店舗で合計183店舗を展開しています。

こだわりは上質な肉と秘伝のごまだれ

木曽路の料理のこだわりは、厳選された上質な肉と秘伝のごまだれ。牛肉は本社商品部で仕入業者や肉質の規格、そして納入価格も決定します。各店舗では品質だけを考えれば良いシステムになっており、店舗での仕入検品は調理主任の責任で厳格に行なわれています。万が一、基準に合わない肉があった場合は使用せずに返品しています。ごまだれは主原料であるごまの他に、企業秘密の材料、調味料、香辛料を使って丁寧に作り上げ、しゃぶしゃぶにぴったり合う秘伝のたれとして提供しています。また、店内の雰囲気も食事にとって重要な要素と考えており、テーブル席も座敷も広めにとってゆったりと過ごせるようにしています。さらに店舗に合わせて坪庭や水を配し、純日本調の雰囲気を演出しています。

慶弔行事のサービスをリーズナブルに

木曽路は普段の食事はもちろんですが、ちょっと特別な日や誰かにおもてなしをしたいときなど、ちょっと非日常なシーンで多く利用されています。例えば、冠婚葬祭などの慶弔行事では、昔から伝わる伝統やしきたりが数多くあります。それを踏まえた上で、会を執り行ない、お客さんをおもてなすことができるお店はそれ程多くありません。また、それが可能なお店の多くは料亭などの高級店がほとんどです。木曽路では小笠原流礼法を基礎として立ち居振る舞いの接客勉強会を重ね、サービスを提供しています。大宴会場や小宴会場、掘りごたつ、テーブル個室などを備えており、様々な人数や行事に対応してもらうことができます。また、15名より予約可能な無料送迎バスもあり、接待でも家族連れでも楽しめる品質やサービスを、平均客単価5,000円前後のリーズナブルな価格で提供しています。