ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

和食店[日本食]事典

和食店[日本食]事典

讃岐の伝統的な手打ちうどんの技法を取り入れた「杵屋」

「杵屋」は、毎日店舗で手打ちするうどんを扱う、和食チェーンのお店。讃岐の伝統的な手打ちうどんの技法を取り入れ、店頭でうどん打ちの実演をしており、店舗の外から見ることができます。本格的なうどんでありながら、リーズナブルな価格帯が人気で、学生から家族連れ、お年寄りなど幅広い支持を得ています。

人材が支える手打ちうどんチェーン

人材が支える手打ちうどんチェーン

株式会社グルメ杵屋は、1967年(昭和42年)に給食委託請負業務の両国食品として創業されました。「実演手打うどん 杵屋」は1971年(昭和46年)に奈良県奈良市に1号店を出店したのが始まりです。1977年(昭和52年)には東京都に出店し、関東に進出。1986年(昭和61年)には、サンドウィッチやオムレツ、カレーの専門店とケータリング部門を持つ株式会社グルメと合併し、商号を現在の株式会社グルメ杵屋としました。

1990年以降、様々な企業と資本・業務提携を行ない、事業領域を拡大していきましたが、2008年(平成20年)から2期連続で赤字に陥ってしまいます。立て直しをめざし、創業社長の長男の椋本充士氏が社長に就任したのが2010年(平成22年)のこと。「V字回復」を宣言し、経営状況改善に向けて"仕組み"から"人材"による経営に大きく舵を取りました。グルメ杵屋は新たなスタートを切り、スタッフが活躍できる舞台の用意を積極的にすることで目的意識を持たせ、エネルギーに満ちた職場環境を構築していきました。2014年(平成26年)3月時点で、460店舗を構える全国チェーン企業となっています。

和食で世界の人々を笑顔に

食というのは、日々の何気ない感動や幸せ。杵屋は、うどんやそば、お寿司など、日本人の魂が作り上げてきた伝統食=ソウルフードで世界の人々を笑顔にし、"幸せなひととき"を世界中に届けることを使命とし、手始めにアメリカ・カリフォルニアに進出しています。また、空港に出店している店舗では、観光客を含め多くの外国人が来店することが予想されます。イスラム法では、豚肉を食べることやお酒を飲むことが禁止されている他、その他の食品でも一定の作法によって加工や調理をしないと食べることができません。そこでムスリムの方にも安心して日本の食を食べて頂こうと、提供する食べ物がイスラム法に適合していることを証明するハラール適合証明を受けています。

杵屋のこだわり

杵屋のうどんは「麺は讃岐、だしは関西風」。毎日店頭で打つコシの強い讃岐風うどんを、杵屋独自の数種類のブレンドによる削り節でしっかり取った白だしで提供しています。うどんのおいしさを充分に楽しめる薄味の関西風のだしは、すべての料理のベースとなるため、特にこだわっているものです。株式会社グルメ杵屋では、料理の品質や盛り付けの美しさを求めるのはもちろんですが、安心・安全についても積極的な取り組みをしています。仕入物流や衛生管理の各部署と共に、生産・流通・調理の各段階において、原材料の安全性確保と品質確認に取り組んでいます。生産履歴や流通経路が明らかな原材料から、社内で設定した規格・品質の基準を満たしたものだけが店舗へ送られ、定められた衛生管理マニュアルによって徹底的に衛生管理、品質管理が行なわれています。