ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

銀座のシンボル的な存在のレストラン「資生堂パーラー」

化粧品の製造販売で知られる資生堂の子会社である、株式会社資生堂パーラーが運営するレストランで、西洋料理店の先駆け的存在として多くの芸術家や文化人に愛されています。常に一流品、本物を標榜する銀座で長年にわたってシンボル的な存在として知られています。また、築き上げてきたリッチなイメージを継承した喫茶店の経営や洋菓子の販売も行なっています。

新しい価値、高品質、本物を追求する

新しい価値、高品質、本物を追求する

資生堂の始まりは、1872年(明治5年)に日本初の洋風薬局として創業した資生堂薬局。創業者の福原有信氏が1900年(明治33年)にパリ万博を見学したおり、帰国に際してアメリカを経由。そのときに見たアメリカのドラッグストアの形式を模して、1902年(明治35年)に、東京・銀座の資生堂薬局内に「資生堂ソーダファウンテン」を併設しました。資生堂に化粧品部門ができたのは1916年(大正5年)のことなので、実は資生堂パーラーの方が長い歴史を誇っています。

日本で初めてのソーダ水や、まだ珍しかったアイスクリームの製造と販売を行ない、機械一式はもちろん、グラスやスプーン、シロップにいたるまでアメリカから輸入したものを使う本物志向の店として評判になりました。その新しい価値、高品質、本物を追求する姿勢は、現在もポリシーとして受け継がれています。

華やかで豪奢な銀座のシンボル

1928年(昭和3年)7月、現在の東京資生堂ビルの所在地にあった出雲店を資生堂アイスクリームパーラーとして新築開店。当時は知名度の高かった"アイスクリーム"という言葉が呼称に入っていました。吹き抜け天井からはシャンデリアがかかり、2階正面にはオーケストラボックスが設けられた華やかな店内で、銀座のシンボルとなりました。そして、このときから本格的な西洋料理の提供をはじめ、特注の銀器や磁器類を使うなどリッチを求め、今に続く資生堂パーラーの原型が形作られました。人気メニューのカリーライス。現在、ホテルレストランなど提供されるカレーでは一般的となったご飯とカレーソースを別盛りにするスタイルは、当時としてはまだ珍しいものでした。

1954年(昭和29年)に商号を株式会社資生堂パーラーに変更。1962年(昭和37年)9月、地上9階、地下3階、高さ50.075mは当時の銀座では最高層となる資生堂会館が落成します。各階に1937年(昭和12年)から資生堂の企業PR誌の名前になった"花椿"を象った彫金の装飾照明が飾られるなど、とても豪奢な造りでした。

こだわりのメニューは伝統の味

資生堂パーラーの洋食メニューは、明治時代から多くの文化人たちを魅了してきた伝統の味。開業当時から伝わるカレーライス、創業以来変わらないレシピで作られるフォン・ド・ヴォライユベースのトマトソースをかけたどこか懐かしい半熟オムライス、ポタージュの下味やグラタンの下味としても使われ冷製コンソメとしても提供されるコンソメスープなど、歴代のシェフが受けついできたものを今もなお磨き続け、決して古くならないおいしさを築いています。調理法が進化してもかけるべき時間をしっかりとかけて丁寧に作ることが変わらないこだわりです。