ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

パン料理の本当のおいしさを提供するレストラン「神戸屋レストラン」

パンや洋菓子の製造・販売を行なっていた株式会社神戸屋が展開するレストラン事業は、1975年(昭和50年)に西宮にベーカリーレストランを出店したのが始まり。パン料理の本当のおいしさを提供するため、焼きたてのパンとそれに合う料理を用意しています。

製パン業界のパイオニア

製パン業界のパイオニア

神戸屋は1918年(大正7年)、神戸の西村製パンで働いていた創業者の桐山政太郎氏が大阪に設立したパン会社です。当時の日本ではまだパンが珍しく、貿易港として栄え外国人が多くいた神戸にあやかって、「神戸パン」として販売したことから屋号が付けられました。そのころのパンは今より高価で、しかも日本人にはパン文化がなかったため、お客さんの多くは外国人。日本人にパン食の文化が広まっていったのは、戦後になってからでした。1928年(昭和3年)には日本で初めて、それまでポピュラーだったホップス種ではなくイースト菌を使った製パンに成功。翌年には海外から高速ミキサーや運行がまなどの大型機械を導入し、主食となるパンの大量生産を始めます。大阪の福島という場所に1933年(昭和8年)に竣工した福島工場は「東洋一の大工場」と称され、アメリカの業界紙「ベーカリー・ウィークリー」にも掲載されました。また、1939年(昭和14年)には日本の大手企業で初めてパンを包装して販売し、1957年(昭和32年)には自動包装機を導入するなど、製パン業界におけるパイオニア的存在です。

パンを食べるためのレストラン

神戸屋がレストラン事業を始めたのは、1936年(昭和11年)のこと。第一号の直営店として、パン料理を提供する喫茶の今池店をオープンします。そして、1975年(昭和50年)にベーカリーレストランをオープンし、パンだけでなくパンに合う料理を提供するお店として展開していきます。当時はパンを食べるためのレストランは珍しいものでした。また、店内にヨーロッパ伝統の窯を置き、フランス、ドイツ、イギリスなどのパンを焼き上げる神戸屋キッチン、本格的な地中海料理を自家製酵母の窯出しパンと一緒に楽しむ神戸屋シルフィーなど、立地やニーズに対応して様々な店舗ブランドを展開しています。

ベーカリー事業の多角的経営

神戸屋レストランでは、こだわりのパンをおいしく食べられるように、すべてお店で手作りしたものか、工場から直送されたばかりのできたてを提供。そのパンのおいしい食べ方の提案として、それに合う料理を出す店舗を展開しています。

また、パンを中心としたフードサービス事業や、駅構内などにベーカリー専門店を展開するフレッシュベーカリー事業だけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並ぶパンやケーキなどの洋菓子、お弁当などのデリカ食品などの製造事業も行なっています。特にパンに関しては「healthy is tasty」=「健康的とはおいしいということ」をスローガンに掲げ、工場での量産には欠かせないと言われていたイーストフードと乳化剤を使わない製法を取り入れました。それによって太陽と大地と水が育てた、素材そのものの純粋な味、小麦本来のおいしさを大切にしています。