ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

赤玉卵にこだわったオムレツ・オムライスの専門店「ラケル」

1963年(昭和38年)4月に卵料理専門店として創業したラケル。「ラケル」とは、トランプのダイヤのクイーンのモデルにもなった、神話に登場する女性の名前がもとになっています。赤玉卵にこだわったオムレツやオムライスを提供し、店舗の見た目のかわいらしさもあってファミリーや女性を中心に人気店となりました。首都圏を中心に店舗数を増やし、近年では東北・東海・近畿・九州にも展開するなど全国で51店舗を構えます(2014年時点)。

こだわりのプレミアムエッグオムライス

こだわりのプレミアムエッグオムライス

ラケルの主力商品である基本的なオムライスは、ドライカレーを使うのが特徴。一般的なチキンライスや十穀米を使ったメニューもあり、ソースの種類も豊富なので幅広い支持を集めています。特に素材にはこだわっており、2010年(平成22年)4月からは赤玉卵のなかでもミネラルを含んだプレミアムエッグの最高峰である「ヨード卵・光」を全店舗で使用している他、野菜や果物も全国の篤農家と契約して、新鮮で安心なものを毎日入荷しています。

また、卵に味付けをするエッグスープや、パンやワッフルに添えたりオムレツの隠し味などに使用する、添加物不使用のスプレッドなど、こだわりの素材の魅力を引出すための、プライベート食材や調味料も開発しています。

パンやスイーツも大人気

ラケルのもうひとつの看板メニューが、1964年(昭和39年)に誕生したラケルパンです。ふわふわでほんのり甘いスタンダードなおいしさが老若男女問わず人気となっています。2012年(平成24年)には、ヨード卵・光、発芽胚芽米の米粉を使い、グルジアヨーグルトを練り込んだラケルリズパンを発売。ラケルパンに比べてカロリーを30%押さえ、人気商品の仲間入りを果たしました。

また近年では、ヨード卵・光を使ったラケルワッフルやラケルブリュレといったデザートにも力を入れるなど、商品開発にも積極的。2011(平成23年)年には、優良外食産業表彰の商品開発部門で農林水産大臣賞受賞しました。ラケルパンやラケルワッフル、ラケルブリュレなどは、店頭でも買える他、宅配生協でも取り扱っており、自宅でも店と同じ味を楽しむことができます。

かわいらしい雰囲気で楽しく食事

ラケルでは、素材からこだわった料理を引き立たせるために、食器や什器、ユニフォームを含めたトータルコーディネイトされた店舗作りにも取り組んでいます。店内はイギリス湖水地方ののどかな田園をイメージ。土と木と布の素材を大切にしたぬくもりのあるヨーロッパカントリー風で、落ち着いてリラックスできる雰囲気となっています。ピーターラビットや不思議の国のアリスが描かれた食器や、女性ホールスタッフのユニフォームである、赤いチェック柄のレイチェルドレスもかわいらしいと評判となっています。

また、1993年(平成5年)にフードコートへの出店に対応したファーストフード型店舗のラケルファスト、2005年(平成17年)にカフェダイニングのHORONを出店し、2007年(平成19年)にはラケルファスト海外1号店としてシンガポールに開店するなど、新業態や新規エリアの開拓に挑戦しています。