ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

50種類以上のオムライスが味わえるオムライス専門店「ポムの樹」

ポムの樹は、全国に300店舗以上(2015年1月時点)を展開する外食チェーン「株式会社ポムフード」が手がける創作オムライスの専門店です。創業は1979(昭和54)年4月。有限会社ポム・ド・テールが大阪府茨木市で喫茶店「ポム・ド・テール」をオープンさせたのが始まりです。その後、1983(昭和58)年に「めし屋 ずんべら」を開業し、1985年(昭和60年)には本店のポム・ド・テールを大阪府枚方市田口山へと移転。順調に客層を広げていきました。

そうした中、ポム・ド・テールの評判を聞きつけた近鉄百貨店枚方店が、同施設へのレストラン出店を打診。ポム・ド・テールでは、洋食を中心としたメニューを取り扱っていましたが、施設の都合により、共用部へ流れる料理のニオイを抑えることを目的に、オムライスの専門店としてオープンさせることになりました。そのことが、「創作オムライス ポムの樹」の原点となっています。

フランチャイズ事業により全国に店舗を展開

フランチャイズ事業により全国に店舗を展開

1989(平成元)年には、不動産賃貸業を担う「株式会社キッチン・クラブ(のちにキッチン・ファクトリーへと名称変更)」を設立。1990(平成2)年に「株式会社ポムフード」を設立し、食材卸業を手がけるようになりました。翌年の1991(平成3)年には、店舗運営を行なってきた「有限会社ポム・ド・テール」を株式会社へと改組し、店舗数を拡大。1994(平成6)年からは、直営店のみだった店舗業態に加え、フランチャイズ事業をスタートさせました。その後、「ポムの樹」ブランドを中心にフランチャイズ加盟店舗を増やしていき、2004(平成16)年には直営店舗とフランチャイズ店舗を含め100店舗を達成しました。

2009(平成21)年11月1日、鹿児島姶良市に本社を持つ「株式会社大建」が株式会社ポムフードの株式を100%保有し、それに伴って本社を鹿児島県姶良市へと移転しました。株式会社大建は、建築資材の製造・販売する会社です。グループ会社においては、洋菓子やアイスクリームを扱う外食フランチャイズチェーンの運営を手がけており、株式会社ポムフードを含めた外食部門にて食材の共通化を図ることで経営効率の向上を図っています。

「ポムの樹」以外の外食ブランド

株式会社ポムフードが展開する外食ブランドは、主に3つのカテゴリに分類されます。ひとつめは、基幹ブランドでもある「創作オムライス ポムの樹」。慣れ親しんだ懐かしい味のオムライスをはじめ、話題の食材や季節感のあるメニューを定期的に取り入れるなど、常時約50種類のオムライスが用意されており、子どもから年配者まで幅広い客層に支持されています。

2つめのカテゴリは、洋食の専門店です。オムライスをはじめ、材料や焼き方にもこだわったハンバーグ、パスタやデザートなどがメニューに並びます。「ポムズファーム」「キッチンパレット」「ポム・ド・テール」「ポムズグリル」「ポムズカーレ」は、このカテゴリに分類されます。

3つめのカテゴリは「ポムの樹Jr.」です。ショッピングセンターや複合施設などのフードコートにて展開しているため、ポムの樹と比較するとメニューの種類は限られますが、オムライス専門店の味を気軽に楽しめる店として人気を集めています。