ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

数々の有名食品・調理器具のプロデュースを手がける料理人「川越達也氏」

1973年(昭和48年)宮崎出身の料理人で、イタリア料理店「タツヤカワゴエ」のオーナーシェフです。数々の食品、調理器具のプロデュースや料理番組への出演をこなしています。大阪あべの辻調理専門学校卒業後、フランス・イタリア料理店や日本料理店、お好み焼き店、喫茶店、カラオケボックスなど様々な業態の飲食店に務めた異色の経歴を持つ料理人で、現在は2店舗の「タツヤカワゴエ」を経営しています。

修行時代

修行時代

1973年(昭和48年)3月7日宮崎県で生まれました。高校時代は宮崎県立本庄高等学校で野球に打ち込むかたわら、新聞配達やスーパーマーケット、製菓店でアルバイトをしていました。1991年(平成3年)、大阪あべの辻調理専門学校に入学、フランス料理を専攻しました。1992年(平成4年)大阪のフランス料理店「リオンドール」に就職します。辻調理専門学校西洋料理主任教授の小川忠彦氏が開業準備半ばで逝去し、その遺志を引き継いだ同じく辻調理専門学校出身の中村新氏が開店したレストランです。2年後バブル崩壊のあおりを受け閉店、中村氏の紹介で神戸の「ヴィアンヴィ」へと移りました。「ヴィアンヴィ」は、神戸市中央区ポートアイランドの服飾メーカー「ワールド」の本社ビルの最上階にあるフランス料理店でしたが、1995年(平成7年)の阪神大震災で被災、川越氏は職場と家を失って上京し、東京で喫茶店や飲食店で働きながら開業資金を貯めていきます。25歳でイタリア料理店の料理長を務め、さらに2店舗で調理長を務めました。1992年(平成4年)からの8年間でフランス・イタリア料理店や日本料理店、お好み焼き店、カラオケボックスなど様々な業態の飲食店で腕を振るっていました。

独立

2000年(平成12年)にイタリア料理レストラン「ティアラ・K・リストランテ」を目黒区鷹番にオープンしました。様々なジャンルを渡り歩いた自身の経験を活かし「ジャンルにとらわれないイタリアン」を打ち出したレストランでした。2006年(平成18年)に代官山に移転し、「タツヤカワゴエ」と改名します。

料理人としてのみならず、多角的に活躍するシェフとして一般にも広く認知されています。全国でクッキングイベントや調理講師として料理の技を伝授したり、食品や調理器具をプロデュースしたり、テレビ・雑誌などに頻繁に登場したりと大活躍です。

タツヤカワゴエ

代官山駅西口から徒歩5分、おしゃれなビルの並ぶ道にある日進ヒルズ代官山の2階の「タツヤカワゴエ代官山」。川越氏がオーナーシェフを務める代官山本店は、日本人としての感性をもって日本人の味覚にあった旬のものを提供しています。厳選した日本、フランス、イタリアの食材を使った贅沢な「おまかせコース料理」は15,000円(サービス料・消費税別)です。

また、宮崎の食文化を背負って立つ心意気で地元宮崎県にオープンした「ジャンルにとらわれない」イタリア料理店は、宮崎の食材と調味料を使用した料理を中心にしたコース料理のみのレストランです。宮崎県宮崎市にある総合リゾート施設「フェニックス・シーガイア・リゾート」の「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の42階から絶景を眺めながら川越さんの料理を楽しむことができます。「フェニックス・シーガイア・リゾート」には、ゴルフ場、スパ、ショッピング施設、カンファレンス設備も充実しており、2000年(平成12年)の「九州・沖縄サミット」では外省会合の会場に選ばれています。