ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

大人のための本格洋食を作る料理人「飯田充美氏」

茨城県守谷市にある「ダイニングレストラン西洋亭」のオーナーシェフです。TBS系列「チューボーですよ!」で「街の巨匠」として料理の極意を披露していました。

1925年(大正14年)に創業した、日本の洋食の老舗「レストラン香味屋」の料理長として長年腕を振るってきました。その伝統と経験を受け継いだ大人のための洋食を味わえる「ダイニングレストラン西洋亭」を経営しています。

香味屋

香味屋

「レストラン香味屋(カミヤ)」の前身は、1925年(大正14年)東京都台東区の根岸に創業した輸入雑貨店でした。香水やコーヒー豆を扱いながら、日本舞踊の芸者に軽食を出すようになったのが始まりです。

戦後、本格洋食を楽しめる大人の雰囲気のお店として営業を再開しました。2代目の「ビーフシチュー」(3,000円)と3代目の「メンチカツ」(2,000円)は、今でも香味屋の看板メニューとなっています。すでに閉店していますが、飯田氏は「レストラン香味屋」の新宿と伊勢丹で副料理長を務めました。その後、日比谷と帝国劇場店では料理長を務めています。下町で育まれた料理とサービスが、飯田氏の料理の基礎となっています。

ビーフシチュー

牛肉と野菜を煮込んだ一般的なビーフシチューとは異なり、濃厚デミグラスソースで煮込んだ大きな牛肉の塊が目を引く一皿です。肉の旨味とコクのでた深い茶色のソースでとろける寸前までじっくりと煮こまれた牛肉を堪能できます。

メンチカツ

握りこぶしより少し小さめのメンチカツが2つのっています。他のメニューと合わせて食べられる「メンチカツ(小)」は、同じサイズのものをひとつ1,150円で提供しています。カツのサクッと揚がった衣をナイフで半分に割ると、熱々の肉汁が溢れ出てきます。「レストラン香味屋」自慢のデミグラスソースを絡めて食べれば、さらに深い味わいを楽しめます。油っこすぎず、軽く完食できてしまう一品です。

ダイニングレストラン西洋亭

東京の都心から約35km、茨城県南部にある守谷市。その閑静な住宅街の広がる南守谷駅の南側、駅から歩いて直ぐのところに「Dining Restaurant西洋亭」はあります。

白とオレンジのあたたかみのあるかわいらしい建物を入ると、茶色と白を基調とした店内に真っ白のテーブルクロスがかけられたテーブルが並んでいます。「モダンリビングデザイン」の高級ホテルのレストランのような粋な雰囲気の中で、伝統的な洋食に飯田氏なりの完成を加えた本格的な料理を楽しむことができます。テラスにはパラソルの下に木製の木と椅子もあり、外での食事も楽しめます。

「チューボーですよ!」出演

1994年(平成6年)からTBS系列で放送されていた深夜料理バラエティ番組です。「巨匠」堺正章氏がオーナーシェフを務める厨房にゲストがやってきて決められた料理を作ります。毎回「街の巨匠」として3人の料理人が登場し、調理法や料理の極意を伝授しています。飯田氏も「街の巨匠」として洋食の作り方をテレビで頻繁に紹介していました。