ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

手を拭くの?口を拭くの?基本的なナプキンの使い方を学ぼう!

「ナプキン」とは、レストランに用意されている布や紙のことです。料理を手づかみで食べていた時代に用意していた手拭きから、現在のような形に発展しました。ナプキンをスマートに使いこなせば、食事をよりおいしく楽しむことができます。

ナプキンに関するテーブルマナー

ナプキンに関するテーブルマナー

高級店では、1人につき1枚の布ナプキンが用意されていますが、カジュアルな店では小さめの紙ナプキンがまとめて置いてある場合もあります。ナプキンを使用するシーンは、基本的に「手を拭く」「口をおさえる」の2点です。ここでは、高級店におけるナプキンのテーブルマナーをご紹介します。

ナプキンを広げるタイミング

たいていの場合、テーブルに案内され席に着くと、目の前に布製のナプキンが置かれています。着席後、ナプキンをヒザの上に広げるタイミングには特にルールはありません。すぐに広げても良いのですが、ゲストよりも先にナプキンを広げる行為は「私には時間がありません」「早く料理を出して欲しい」といった意味になるため、あまり好ましくありません。ゲストがナプキンを手に取るのを見計らってから、自分のナプキンを広げるのがベターです。自身がゲストの場合、飲み物が来たときや料理をオーダーしたタイミングでナプキンを広げるとスマートです。

ナプキンの広げ方

ナプキンが四角く折りたたんである場合は一旦広げ、真ん中から少しずらした位置から3分の1のあたりで二つに折って長方形にし、折り目を手前側にしてヒザの上に乗せます。飾り折りが施してあるナプキンは、一番上の部分を持つと広がるように折られています。ナプキンリングを使用している場合は、リングを取ってナプキンを使用します。リングはテーブルの上に置いておきます。置き場所には特に決まりはありません。

ナプキンを使用するタイミング

料理を食べたあとで口をぬぐうときや、フィンガーボールで洗った指を軽く拭くときに使用します。女性の場合は、食事の前に口紅をおさえても大丈夫です。ナプキンの汚れた箇所が人目につかないよう、折りたたんだ内側の面を使用します。

こんな使い方はNG

真っ白なナプキンで口をぬぐうのは抵抗があるからと、自身のハンカチやティッシュペーパーなどを使用してはいけません。「この店は不潔」「汚いナプキンは使えない」という意思表示になってしまいます。フォークやナイフなどのテーブルウェアや、グラスを拭くのもNGです。グラスに料理の油分や口紅がついたときは、指でぬぐってから、その指をナプキンで拭くと良いでしょう。

中座・退席のとき

食事の途中で席を外すときは、ナプキンを畳まず椅子の上に置くか、背もたれにかけておきます。食事を終えて退席するときは、満足したのであればナプキンを畳まず椅子の上に置きます。これは、ナプキンをラフに置くことで「料理があまりにおいしく、ナプキンにまで気を回せなかった」というメッセージを伝えるためです。逆に、退席時にナプキンを美しく畳む行為は「料理やサービスに満足しなかった」という意味を表します。