ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

おいしい紅茶には茶葉が欠かせない!紅茶の飲み方に合った茶葉をご存知ですか?

何も入れずに紅茶本来の香りを楽しむか、ミルクを入れてまろやかな甘みを味わうか、あと味がすっきりしたレモンティーを選ぶか…。紅茶の飲み方は、人それぞれ好みによっても違いますが、もっと紅茶をおいしく味わうためには茶葉の性質を知り、その茶葉に最も適した飲み方で頂くこと、そして正しい手順で淹れること。この2つは、とても重要と言えるでしょう。また、季節に応じて茶葉から淹れた紅茶でも、アイスティーを作ることもできるのでぜひ覚えておきたいところです。

ストレートティーで茶葉本来の味わいを楽しむ

ストレートティーで茶葉本来の味わいを楽しむ

紅茶の基本となるストレートティーをおいしく淹れられるようになれば、ミルクティーやフルーツティーなどの応用もできるようになり幅が広がります。ゴールデン・ルールにしたがって丁寧に紅茶を淹れたら、まずはストレートで香りを堪能してみましょう。

適した茶葉

ダージリン・キーマン・ヌワラエリヤ・ジャワ・ケニア・ニルギリ・ラプサンスーチョンなど

アイスティーを淹れてみましょう

いつもの2倍の濃さで淹れた紅茶を、氷の入ったグラスに注げばアイスティーが作れます。甘みを付ける場合は、あらかじめグラニュー糖を入れておいた別のポットに注いでからグラスに入れましょう。アイスティーを作るにあたって、一番大切なのは、「クリームダウン」というカテキン類とカフェインが結合して紅茶が白く濁る現象を避けること。これは、タンニンが少なめな茶葉を選ぶことや温かいうちにグラニュー糖で甘みを付けること、氷で一気に冷やすことがポイントです。

ミルクティーでリッチな甘みとコクを堪能

おいしいミルクティーを作るコツは、ストレートティーよりもやや濃い目に紅茶を淹れることや、紅茶の温度を下げないよう牛乳を室温に戻しておくことです。さらに、濃縮タイプの牛乳やエバミルクを加えると濃厚な味わいを楽しめますし、好みに応じてカップに牛乳を先に入れるかあとに入れるかなど楽しみ方は無限大です。

適した茶葉

アッサム・ニルギリ・ルフナ・ドアーズ・ウバ・ディンブラ・ケニアなど

ロイヤルミルクティーを淹れてみましょう

ミルクティーは、お湯で抽出した紅茶にミルクを入れるのに対し、ロイヤルミルクティーは手鍋で温めたミルクに茶葉を入れて直接煮出します。ただし、乾いた茶葉は牛乳に入れると茶液が滲出しづらくなってしまうので、牛乳に入れる前に少量のお湯で茶葉を開いておきましょう。

レモンティーの爽やかな香りでリフレッシュ

日本でもよく飲まれているレモンティーは、フルーツティーの代表的な存在です。作り方は至ってシンプルですが、茶葉は渋みの少ない物を選びやや薄めに淹れるなどのちょっとした工夫がさらにおいしいレモンティーに出会う秘訣です。レモンの皮から出る苦味を避けるためにも、輪切りにしたレモンは飲む直前に入れて軽く揺すったらすぐに出しましょう。

適した茶葉

ニルギリ・ディンブラ・キャンディ・ジャワ・ケニアなど