ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

紅茶の味わいは淹れ方次第!紅茶の淹れ方をご紹介

繊細な香りを保つため手間暇かけて作られる紅茶は、淹れ方ひとつで全く違った味わいとなります。紅茶の淹れ方は主に4つに分類されますが、共通する基本的なルールとして、新鮮で良質な茶葉を使うこと、使用する茶葉の分量をしっかり量ること、そして水道から汲みたての水を沸騰させたお湯を使うことなどが挙げられます。まずは、基本知識をおさえ、それぞれの淹れ方の方法や特徴、メリットを知り、茶葉の性質や状況に応じて使い分けましょう。

紅茶を淹れる王道の方法は淹茶式

紅茶を淹れる王道の方法は淹茶式

おいしい紅茶の淹れ方を探っていくと、「ジャンピング」という言葉を目にします。これは、紅茶のうまみを最大限に引出す要素のひとつであり、ティーポットを使用する淹茶式でのみ起こる現象です。また、紅茶文化が盛んなイギリスで誕生した淹れ方は「ゴールデンルール」と呼ばれ、こちらも淹茶式であることを前提に考えられています。

英国式の伝統的な淹れ方「ゴールデンルール」に沿った淹茶式

  1. ①ティーポットを使う:茶葉を充分に蒸らすためにはティーポットが最適であり、特にジャンピングを起こしやすい丸型の物が良いとされています。
  2. ②茶葉を正確に量る:茶葉は基本的にカップ一杯につきティースプーン一杯の割合で量りますが、OPタイプの茶葉はかさばるので山盛りで一杯、BOPタイプの茶葉は中盛りにするなどの細かなさじ加減もポイントです。
  3. ③沸かしたてのお湯を使う:水道から汲んだばかりの水は空気をたくさん含んでいるため、これもジャンピングを促す条件になります。
  4. ④しっかりと蒸らす:お湯を注いだらすぐにふたをして蒸らし始め、茶葉が開ききって静かに底に沈むまで待ちましょう。OPの場合は約3~5分、BOPは約2~3分、さらに細かい茶葉のBOPFは約2分間が目安となります。

「ジャンピング」とは

ティーポットの中で茶葉が上下に回転運動を始める現象のことで、茶葉が活発に動けば動く程茶葉のうまみがひきだされるとされています。

煮出し式と煮込み式

こちらは手鍋を用いる手法です。一度にたくさんの紅茶を淹れるときなどに便利で、茶葉の抽出状況を実際に見て把握できるのもメリットと言えるでしょう。その他に、水の代わりに牛乳を用いてロイヤルミルクティーやチャイの作り方として応用されています。「煮出し式」の手順は、汲みたての水を手鍋で沸騰させ、火を止めたあと正確に計量した茶葉を入れ、すぐに手鍋に蓋をして蒸らします。また、煮出し式とはっきりと区別する定義はありませんが同じような手順の「煮込み式」という抽出方法があります。こちらは煮出し式に比べ茶葉を入れてから比較的長く煮込んでいく方法で、お水を使わずにミルクから煮込んで作る場合のチャイがこれにあたります。

牛乳を使う場合の注意点

牛乳に含まれる「カゼイン」というたんぱく質は茶葉をコーティングし、茶液の滲出を妨げてしまうので、牛乳に入れる前に茶葉に少し熱湯をかけて開きやすくしておきましょう。

濾過式

コーヒーのドリップパックのように紅茶を淹れる方法ですが、充分に蒸らすことで初めてうまみが出る紅茶に、この方法はあまり適しているとは言えません。手軽ではありますが、紅茶の抽出方法としてはあまり使用されていないようです。