ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

苦味を抑えたまろやかな味が特徴の「カフェ・マキアート」

エスプレッソのアレンジメニューのひとつで、エスプレッソに少量のフォームドミルクを浮かべた飲み物です。「マキアート」とは、イタリア語で「染みの付いた」という意。エスプレッソに浮かんだフォームドミルクがまるで染みのように見えることから、この名が付いたと言われています。加えるミルクの量はスプーン1杯程度とほんの少しの量ですが、それだけでも濃厚なエスプレッソの苦みが抑えられるため、まろやかな味が特徴的。エスプレッソと同じデミタスカップで提供されます。

おいしいカフェ・マキアートの作り方

おいしいカフェ・マキアートの作り方

エスプレッソとフォームドミルクだけのシンプルなメニューで、カプチーノとよく似ています。大きな違いはフォームドミルクの量。本場イタリア式の場合、カプチーノの割合はエスプレッソとミルクで1:2が一般的ですが(スチームドミルクとフォームドミルクをどちらも入れる場合はエスプレッソとの割合は1:1:1)カフェ・マキアートの場合、フォームドミルクはわずかに落とすだけの、ほんの少しの量になります。しかし、スターバックスなどのコーヒーショップでも見られるように、アメリカ式の場合はエスプレッソと同量くらいの多めのミルクを入れることのほうが多いようです。国によって違いはありますが、こちらでは本場イタリアの作り方をご紹介しましょう。

  1. ①エスプレッソマシンや直下式エスプレッソメーカー(マキネッタ)を使用してエスプレッソを抽出しましょう。コーヒー粉は中深煎りの細挽き豆を使います。適切に入れたエスプレッソの表面には「クレマ」と呼ばれる泡のようなものが浮かびますが、これがあることでフォームドミルクを綺麗にのせることができます。そのためにも、エスプレッソの抽出量を守り丁寧に作業を行なうことが大切です。
  2. ②フォームドミルクを作りましょう。エスプレッソマシンやハンディタイプのミルクフォーマーで作ることができます。ミルクはよく冷えたものを使い、温度が低いうちに一気に空気を含ませ撹拌することがポイントです。
  3. ③フォームドミルクをエスプレッソの入ったカップに注ぎます。カップは小さめのエスプレッソ用デミタスカップを使いましょう。エスプレッソをスプーンで軽くかき混ぜながらなめらかな状態にし、その上にミルクをゆっくり注ぎます。注ぐ量はほんの少し、わずかに落とす程度で良いでしょう。

カフェ・マキアートの逆バージョン「ラテ・マキアート」

エスプレッソにフォームドミルクでシミを付けるカフェ・マキアートの逆で、フォームドミルクにエスプレッソで染みを浸ける「ラテ・マキアート」というエスプレッソのアレンジメニューもあります。イタリア語で「ラテ」とは「牛乳」、「マキアート」が「染みの付いた」という意味なので、その名の通りフォームドミルクの上からエスプレッソをたらし、染みのようなデコレーションにします。飲む瞬間にエスプレッソの濃厚な香りを楽しむことができるところが特徴的で、特にアメリカやドイツで人気があると言われています。