ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

ラテアートで近年人気!エスプレッソのアレンジメニューの「カプチーノ」

エスプレッソのアレンジメニューの中でも、特に人気を誇るのがカプチーノ。ふわっとしたなめらかな口当たりと、ミルキーな味わいが特徴のエスプレッソにきめ細かなフォームドミルクを入れて作るシンプルなメニューです。カプチーノの本場イタリアでは、主に朝食時にクロワッサンなどと一緒に飲まれることが多いと言われています。また、カプチーノの泡の表面にデザインを描く「ラテアート」や「デザインカプチーノ」も近年人気を博しています。

おいしいカプチーノの作り方

おいしいカプチーノの作り方

エスプレッソとフォームドミルクだけのシンプルなメニューですが、ミルクを泡立てる技術やエスプレッソの抽出具合など細かなところで味が簡単に変わってしまいます。おいしいエスプレッソを淹れることや、きめ細かで適温のフォームドミルクを作ることが重要なポイントとなるでしょう。

  1. ①エスプレッソを抽出します。エスプレッソマシンや直下式エスプレッソメーカー(マキネッタ)を使用しましょう。コーヒー粉は中深煎りの細挽き豆を使います。適切に入れたエスプレッソの表面には「クレマ」と呼ばれる泡のようなものが浮かびます。これができていないと上にミルクを注いでも、上に浮かばず下に流れていってしまうので、抽出量をまもり丁寧に作業を行なうことが大切です。
  2. ②フォームドミルクを作りましょう。エスプレッソマシンやハンディタイプのミルクフォーマーで作ることができます。ミルクはよく冷えたものを使い、温度が低いうちに一気に空気を含ませ撹拌することがポイントです。
  3. ③フォームドミルクをエスプレッソの入ったカップに注いで完成です。
フォームドミルクの作り方
「フォームドミルク」とは、泡立てた牛乳のことで、カプチーノには欠かせない材料です。エスプレッソマシンのスチーム機能で作る方法とハンディタイプのミルクフォーマーで作る方法があり、家庭で作る場合はハンディタイプを使うことがほとんどでしょう。作る際に覚えておきたいのが、牛乳の種類。低脂肪乳や加工乳は泡立ちが悪いため、乳脂肪分3.0%以上の成分無調整牛乳を使うことが重要です。

ラテアートとデザインカプチーノ

こんもりと盛り上がった泡に可愛らしいハートや葉っぱなどのデザインが施されたカプチーノを見たことはありませんか。カプチーノは味だけでなく、見た目も楽しませてくれるコーヒーです。カプチーノにデザインを描く方法には、主に2種類の方法があります。

ラテアート

道具は何も使わず、フォームドミルクを注ぐだけでデザインを描きます。ミルクジャグからでるミルクの流れを操るといった、とても複雑な注ぎ技術が必要なため、道具を使うデザインカプチーノに比べると初心者には難しいでしょう。代表的なデザインに「リーフ」や「ハート」などがあります。

近年ラテアートへの芸術性が注目を浴びており、ラテアートの腕を競うバリスタたちの大会が各国で開催されています。

デザインカプチーノ

エスプレッソにフォームドミルクを使い、スプーンやピックを使ってデザインを描きます。ラテアートと比べると初心者でも手軽に楽しめ、描くデザインも多種多様だと言われています。デザインカプチーノ成功のポイントは、ミルクをうまく注ぐことでベースとなるキャンバスをエスプレッソの上に作ること。これができれば、自由に自分のアイディアを絵にすることができるでしょう。