ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

はま寿司

はま寿司は、2002年(平成14年)10月に設立された回転寿司チェーン。一皿108円、平日は97円というリーズナブルな値段が魅力です。牛丼チェーンのすき家やファミリーレストランチェーンのココスなど、外食チェーンを傘下に持つ株式会社ゼンショーホールディングスのグループ会社で、牛肉を使った変わり種のメニューが充実しています。

グループ全体で徹底する食の安全

グループ全体で徹底する食の安全

はま寿司をはじめとしたゼンショーグループでは、食の安全、品質管理を徹底しています。産地にこだわるのではなく、安全性の検査、衛生管理を徹底しており、残留農薬や食品添加物については独自にチェックする分析センターを設立し、もし事故が起こった場合、1時間以内に経営トップに情報が伝わるようにシステムが構築されています。

主食のお米は担当者が産地に足を運び、精米工場の監査やお米の品質検査を行なっています。お米は精米すると品質が落ちていくため、ゼンショーグループではお米を玄米で保管し、発注ごとに精米しています。精米したお米は水分量が安定する5日以内にお店に送られ、おいしいタイミングで提供されます。

牛肉についてはアメリカやオーストラリアから輸入しており、国ごとに安全性や品質管理に違いがあるため、国の基準よりも厳しい独自の基準で管理を行なっています。飼料の安全性や工場の衛生状態などを細かくチェックしており、安心して食べられる食材を使用しています。

子どももうれしいサイドメニュー

はま寿司のサイドメニューは、広いラインナップが魅力です。定番の各種みそ汁に茶碗蒸し、うどんなどはもちろん、まぐろやサーモンの刺身やローストビーフなど、回転寿司ではあまり見かけないメニューも多くあります。

にぎりでも、サイドメニューでも食べられるローストビーフは、しっかりした肉の素材の旨みをガーリックソースが引き立てており、他の回転寿司チェーンにはない一品。子どもが大好きなハンバーグのにぎりは、やわらかくて食感が良く、大人が食べても満足ですが、パンチのあるチーズハンバーグも間違いのないおいしさです。合鴨や生ハムといったちょっと贅沢なネタを使ったにぎりもおすすめです。

飽きのこない5種の醤油

はま寿司では全国厳選醤油として、5種類の醤油を用意しています。丸大豆の天然醸造醤油に鰹と昆布だしを加えた「はま寿司特製だし醤油」に、華やかな香りがあってコクとキレのバランスがとれた、深みがありながらさっぱりとした後味の「濃口醤油(関東風)」。この他に、丸大豆醤油にたまり醤油のまろやかな旨味とコクを足した濃厚で上品な「甘口醤油(関西風)」や、高級品として名高い日高昆布の旨味を独自の製法で抽出し、深い味わいと風味を引き出した「北海道日高昆布醤油」、最後に九州名物のとろっとした口当たりが特徴で、まろやかな甘みと旨味のある「博多さしみ醤油」です。寿司ネタや気分によってお好みの醤油を選ぶことができるので、リピーターもいろいろ試して楽しむことができます。