ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

現地向けにアレンジされた海外の寿司の種類をご紹介

日本食ブームとともに海外でも寿司が食べられる店が増え、「sushi」と呼ばれ人気を博しています。日本人の寿司職人が握る本格的な寿司はもちろん、現地に住む人たちの好みに合わせた寿司も数多く登場しています。

現地向けにアレンジされたsushiの数々

現地向けにアレンジされたsushiの数々

2013年頃には世界で5万5千店以上の日本食レストランがオープンしており、その数は年を追うごとに増え続けています。しかし、日本のように生魚を食べる食文化が根付いていない国も多く、そうした地域では現地向けにアレンジされた寿司があります。

カリフォルニアロール

その名の通り、カリフォルニアで誕生した巻き寿司です。カリフォルニアをはじめ、アメリカ各地に店を構える有名和食店で誕生したとされる説が有力で、1980年代に入ってから日本に逆輸入されました。アメリカでは生魚を苦手とする人が多いため、具材にはカニカマボコとアボカドを使用。また、ノリが内側になる「裏巻き」で巻いてあるのもひとつの特徴です。カリフォルニアロールからヒントを得て派生した巻き寿司には以下のようなものがあります。

スパイダーロール

揚げ物、キュウリ、ダイコン、アボカド、レタスなどが巻いてあります。日本のサラダ巻きに近い感覚です。

フィラデルフィアロール

具材は、クリームチーズ、スモークサーモン、アボカド、タマネギなど。クリームチーズが入っていることから、この名が付きました。

ハワイロール

ツナの缶詰、玉子焼き、かまぼこ、カンピョウなどが入った巻き寿司です。スイートチリソースやマヨネーズソースを添えて頂きます。

フルーツ寿司

寿司ネタにフルーツを使用したメニューです。握り寿司のように、一口大にまとめたすし飯の上にスライスした果物を乗せて完成です。「デザート寿司」とも呼ばれ、フランスなどで人気を集めているとのこと。酸味の効いたすし飯は、意外にも果物の甘味や酸味と相性が良いと評判で、マンゴー寿司やキウイ寿司、イチゴ寿司などが定番メニューに並ぶ店もあるようです。

ノリ以外の食材で巻いた寿司

カリフォルニアロールの裏巻きは、ノリを食べる習慣がない外国人でも、寿司を抵抗なく食べられるようにと考え出されたもの。ノリを食べる国は世界的に見ても少ないため、寿司は好きだけどノリはちょっと、と考える外国人も少なくないようです。そのためか、外国ではノリ以外の食材で作った巻き寿司が豊富に見られます。

レインボーロール

すし飯と具材を、薄くスライスした刺身で巻き込みます。マグロ、サーモン、ブリなど6・7種類の魚介がセットになっていることから、この名が付きました。

マンゴーロール

薄くスライスしたマンゴーで、すし飯と具材を巻き込みます。具材は、サーモンやアボカドといった食事系の場合と、マンゴークリームを包み込んだデザート系の寿司に分かれます。

アボカドロール

薄くスライスしたアボカドで巻いた巻き寿司です。カリフォルニアロールと同様に、カニカマボコなどを具材にすることが多いようです。