ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

春夏秋冬!旬の寿司ネタを楽しむ!意外と知らない魚介の旬や、ちょっと変わったネタをご紹介

近年、寿司に使用するネタのバリエーションはますます多様化しています。ここでは、意外と知らない魚介の旬や、ちょっと変わったネタをご紹介します。現代は保存技術の発達により1年中おいしい魚を食べることができますが、魚の旬を知っておけば、メニュー選びもさらに楽しくなります。

春にオススメの寿司ネタ

春にオススメの寿司ネタ

気候がだんだんと暖かくなる春は、魚が活発に動き始める季節です。1番のオススメは「マアジ」で、夏までの間、気温が上がるごとにおいしさを増していきます。手に取りやすい価格という点でも魅力です。次いで、お花見の季節に獲れる「マダイ」は「桜鯛」と呼ばれ、うっすらとしたピンク色は、見た目にも春を感じさせてくれます。また、この時期に太平洋を北上し始める「初ガツオ」も美味。

夏にオススメの寿司ネタ

夏を代表する魚と言えば「スズキ」です。産卵期を控え、エサをたくさん食べるこの時期はいつも以上に旨みがたっぷり。江戸時代の文献に「夏月のスズキによぎるものなし」と残される程、古くから夏の白身魚として人気を集めています。京料理として有名な「ハモ」も、夏に食べ頃を迎えます。ハモは梅雨に降る雨を飲むことで脂を蓄え始めると言われており、梅雨明けを迎える頃に旬を迎えます。

秋にオススメの寿司ネタ

様々な魚介がおいしさを増す時期ですが、その中でも「サンマ」の味は格別です。漢字で「秋刀魚」となっていることからも分かるように、昔から秋を代表する魚として親しまれてきました。脂をたっぷりため込んだ身は大トロのように濃厚で、生はもちろん、軽くあぶってもおいしく食べれます。その他、この時期に北の海から南下する「戻りガツオ」も脂ノリが抜群で食べ応えがあります。

冬にオススメの寿司ネタ

1年を通じて人気の高い「ブリ」は、寒くなる程に脂と旨みを増し、冬の時期は「寒ブリ」と名を変えて寿司店の看板メニューを飾ります。また、「海のフォアグラ」と呼ばれる「あん肝」も、冬に旬を迎える寿司ネタ。酒の肴のイメージがありますが、握り寿司にしてもおいしく頂けます。タラの「白子の軍艦巻き」も、冬を感じさせるメニューです。

多様化する寿司ネタ

近年、特に回転寿司などでは、個性的な寿司ネタを見かけることも増えてきました。洋風の食材を使用したメニューなどは、生魚が苦手な人や子どもも一緒に食事を楽しめると人気を集めています。

寿司ネタ「肉類」

子どもには、ハンバーグやウインナー、ミートボールを乗せた寿司が人気です。大人向けの創作寿司として、生ハムやローストビーフ、焼き豚を使用したメニューもあります。

寿司ネタ「アボカド」

「森のバター」とも呼ばれ、栄養価が高いことでも知られるアボカドは、ねっとりとした食感と濃厚な味わいが特徴です。カリフォルニアロールのネタに使用される他、エビやサーモンと組み合わせた創作寿司としてメニューに並ぶことも多く、特に女性人気の高い寿司ネタです。

寿司ネタをマヨネーズで和えたメニュー

マヨネーズは、創作寿司の広がりとともに、寿司に多用されるようになりました。マヨネーズと和えたカニかまぼこやツナ、コーンなどを乗せた軍艦巻きの他、サーモンにスライスオニオンとマヨネーズを乗せたメニューも定番となっています。