ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

ベトナムを代表する麺料理「フォー」

ベトナム料理を代表する麺料理がフォーで、米粉で作ったビーフンが麺になります。麺は平べったい形をしており、日本のきしめんにも似た形状をしています。米粉で作られるためライスヌードルの一種としても区分ができます。ベトナム旅行が身近になり、ベトナム料理専門店も数多く日本で見受けられるなど、一度は口にしたことがある人も多いのではないでしょうか。さらに東京都内にはフォー専門店もあるなど、海外の数ある麺料理の中で比較的、日本人にも馴染み深いと言えるのがフォーです。大型スーパーでは、インスタント食品としても売られるなど、徐々に日本で浸透しつつあるフォーの魅力を解説します。

具の種類により大きくふたつに分けられる

具の種類により大きくふたつに分けられる

フォーは具に牛肉を入れるか鶏肉を入れるかの2種類に大別されます。牛肉入りを「フォーボー」、鶏肉入りを「フォーガー」と呼びます。ベトナムは首都ハノイのある北部と、最大の都市であるホーチミンのある南部とで気候も食事も異なり、その影響はフォーにも表れています。

これぞフォーと呼べるベトナム北部の味

北部で食べられているフォーが、よりオーソドックスなフォーと言えます。フォーは路上の屋台やレストランでも出される料理で、朝食として食べている人も多く庶民の暮らしに根付いた料理です。それでも南部では、フォーよりも米粉を水に溶いて薄く延ばして蒸した「フォーティウ」という料理の方が好んで食べられると言われています。北部のフォーによく付いてくるのがライムで、ギュッと絞って酸味を加えて食べるのが一般的です。

生野菜などが付いてくる南部のフォー

肉以外は、ネギを入れるくらいでシンプルにフォーを食べる北部に比べて、南部のホーチミン市などではバジル、コリアンダー、ニラ、唐辛子などのハーブ、生モヤシが別皿に盛って出てくることがほとんどです。これらは無料なので、日本で言うと、入れ放題の薬味に近い感覚で、これは北部では見られない習慣です。また、北部、南部共通してテーブルに「バインクアイ」と言う長細い揚げパンが付くことも多くあります。現地の人はそのまま、またはパンをスープに浸して食べることもあります。

どうやって作る

フォーのスープは鶏ガラや鶏肉、牛肉に玉ねぎやニンジンなど野菜を入れて煮込んで作ります。他に乾物の魚介類なども加えてスープに深みを与えています。スープは見るからに透明で、見ため通りのあっさり味。ベトナムでは、家庭で作るより外食が一般的ですが、材料さえあれば日本の家庭でも作ることができます。その際はしっかりとアクを取りながら作っていくことが重要です。スープが完成したら茹で上がったビーフンを入れて、好みで具を盛り付けます。薬味が豊富な南部では、生唐辛子を入れたり、ヌクマムを入れることもあります。

ベトナムで最も有名なフォーのチェーン店

ベトナム人は、家の近所の屋台でフォーを食べるケースが一般的。朝食を屋台で食べるなんて、屋台文化が根付いているアジア圏ならではとも言えます。そんな庶民の味、フォーを、さらに気軽に食べられるのがベトナム最大のチェーン店、その名もフォー24です。「フォー24」とは、スープに24種類ものスパイスを加えているからその名が付きました。鶏、牛肉などを入れた定番のフォー、そして清潔感のある店内が支持されています。