ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

和食店事典

和食店事典

正しい箸の持ち方

箸づかいの所作が美しいと、同席した人たちも気持ち良く食事を楽しめます。美しい箸づかいは、正しい箸の持ち方から。これを機に、改めて自身の箸の持ち方を見直してみてはいかがでしょうか。

食事前の箸の持ち方

食事前の箸の持ち方

食事が始まる前にはもちろん箸を手に取りますが、何も考えずすぐに食事に手を付けるのはあまりよくありません。まずは、箸先がそろった状態を確認して、右手で少し上の方を持ち、そっと持ち上げます。手のひらを上にした左手を出し、中央部分に手を添えて箸を受けます。右手を一旦離し、箸を下から持ち替えます。これら一連の流れを、指先をそろえたまま行なえるよう意識すると良いでしょう。箸を置くときは、逆の動作を行ないます

「箸使いが苦手」は大人としてNG

食べ物がつかめればどんな持ち方でも良いのではと思う人もいるかもしれませんが、正しく箸を持つことは、食事のしやすさにもつながります。正しい持ち方をマスターすれば、最小限の力で効率良く箸が動かせるようになるはずです。

持ち方の基本

箸を1本手に取り、親指の付け根に置いて根元で挟み、軽く曲げた薬指の上に置きます。もう1本の箸を親指の腹で挟んで、中指の第1関節あたりの位置で支えます。

箸を動かす練習

正しい使い方をマスターするための練習法です。まずは箸を1本取って、人差し指と中指で挟み、上下に動かします。親指は側面から軽く支えます。基本的に、動かす箸は上の1本のみで、下の箸は動かしません。動きがイメージできたら、2本の箸を持って、箸の先をぴったり合わせる練習をします。上の箸のみを動かして、カチカチと音が鳴ればOKです。

覚えておきたい箸のマナー

毎日使うものにもかかわらず、箸のマナーは意外と知られていません。特に会食の場などにおいて、知っておきたいことをご紹介します。

割り箸の割り方

割り箸を割るとき、割り箸を縦にして、それぞれを横に引っ張って割る人が多いのですが、実はこれは間違いです。正しい割り方は、箸を横にして上下に割る方法。これは、左右にいる人や器に、間違って手があたってしまうことがないようにとの配慮があらわれているマナーです。

箸置きに置いて一呼吸

箸を割ったら、すぐに料理を食べ始めるのではなく、箸置きに戻して一呼吸置いてから使うようにします。すぐに食べ始めるのは、お腹が空いていた、私は急いでいる、などのメッセージになり、相手への失礼にあたります。

箸が汚れたときは懐紙を使う

「懐紙」とは、「かいし」「ふとごろがみ」などと言い、二つ折りにした和紙のことです。昔からハンカチや便せんなど、多用途に使われているものですが、和食や懐石料理を頂く際には、携帯しておくと便利です。

例えば、醤油やタレなど、色が濃いもので箸が汚れてしまったときは、懐紙で汚れを拭き取ります。料理の合間などに、相手に見えないよう机の下で行なうとスマートです。他にも、口を拭いたり受け皿の代わりに使ったりといった使い方ができますので、事前に準備しておくと良いでしょう。