ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

和食店[日本食]事典

和食店[日本食]事典

ビジネスマナーにも使える!座礼、席次を学んでマナーの基本を勉強しよう

和食を頂く際、マナーの基本となるのは「目上の方を敬う」という思いです。室内では常に目線を低くし、相手を見下ろさないように配慮します。席次の気づかいや座礼についても、相手を敬う気持ちから誕生したものです。

入店から着席までの流れ

入店から着席までの流れ

席の位置については、基本的にはビジネスマナーと同様です。ここでは、もてなす側にまわったときを想定し、席次と座礼についても確認しながら、入室から着席までの流れを確認しましょう。

入店したら案内にしたがう

店に着いたら、店の人に名前を告げ、大きな荷物やコートは預けます。慣れている店であっても、勝手に席へ向かうのは失礼です。店の人が案内してくれるのを待ちましょう。

靴を脱ぐ場合

靴をそろえる手間を省こうと、店内を背にして靴を脱ぎ後ろ向きのまま室内へと上がる人がいますが、これは絶対にNGです。必ず前を向いて靴を脱いで上がり、改めて靴をそろえます。店の人に「そのままどうぞ」と促されたら、靴をそろえる必要はありません。

席次が分からなければ店の人にたずねる

床の間がある和室の場合、床の間を背にした席が上座になります。次点は、床の間の隣に置いてある棚の前の席です。床の間がない部屋では、出入口からもっとも遠い席が上座となり、出入口に近づく程、下座になります。しかし、室内に置いてある調度品や、テーブルの向きによって上座の位置が変わる場合もあるので、自信がないときは店の人にたずねると良いでしょう。

すぐ座布団に座らない

部屋に通されたら、下座の近く、もしくは部屋の隅に座り、相手が来るのを待ちます。このとき、座布団に座ってはいけません。

座礼は、和室での挨拶の基本

相手が来たら、座礼で出迎えます。まずは正座の姿勢のまま、両手をそろえて太ももの上に置きます。背筋は伸ばしたまま前へと体を傾け、それと同時に手の位置も前の方へと滑らせます。そのままさらに状態を傾けて手を床に付き、胸が太ももに接するまで深くお辞儀をします。このとき、女性は、両手で三角形を作るようにし、手に丸みを持たせてふんわりとしたシルエットを作ると良いでしょう。

相手にすすめられてから席へ移動する

座礼を終え、相手に席に座るようすすめられたら、静かに移動して座布団に座ります。女性は、ヒザを床に付けたまま歩く「膝行(しっこう)」で前進するとスマートです。座った際、座布団から足がはみ出ないように注意します。

座布団の座り方

勢いよく座布団に座るのはマナー違反です。「失礼します」と一言添えるか、軽く会釈をしてから座布団の後ろに体を近づけ、ヒザとつま先を立てます。両手の指を丸め込んで拳をつくり、座布団の両側に手を付きます。腕を軸にしてヒザで座布団の上によじ登り、両手を前の方に付きます。同じ作業を繰り返し、座布団の中央まで来たら正座をして背筋を伸ばします。

しびれにくい正座

正座をするときは、左右の足を重ねるようにして座るとしびれにくくなります。タイミングを見ながら左右の足を入れ替えるとさらに効果的です。