ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

紅茶の品質は季節による!?紅茶の旬の時期とは?

紅茶は主にインド、スリランカ、中国、インドネシア、アフリカも含む「ティーベルト」と呼ばれる地帯で生産されますが、それぞれの産地によって旬の時期が異なります。品質に限らず、茶葉が一番多く収穫される時期は「ベストシーズン」とされ、それとはまた別に、品質の優れた格別の茶葉が作られる時期は「クオリティーシーズン」と呼ばれ、それぞれ区別されています。こちらではクオリティーシーズンに着目し、国ごとに代表的な産地別紅茶の種類をご紹介します。

インドのクオリティーシーズン

インドのクオリティーシーズン

インドの各生産地域では、良質な茶葉ができる年に何度かのシーズンがあり、収穫する時期によって呼び名が異なります。3~4月に収穫される茶葉は「ファーストフラッシュ(春摘み)」、5~6月は「セカンドフラッシュ(夏摘み)」、10~11月は「オータムフラッシュ」または「オータムナル(秋摘み)」と呼ばれ、それぞれ違った味わいで楽しませてくれます。

ダージリン

ダージリンには、3回のシーズンがあり、ファーストフラッシュは新茶ならではの若々しい風味の緑色の茶葉、セカンドフラッシュはダージリン特有の「マスカットフレーバー」が際立ちます。オータムナルの水色はワインレッドに近く、渋みがあって香りが良いとされています。

アッサム

収穫期は3~11月と長期ですが、なかでも6~7月に収穫されるセカンドフラッシュの紅茶は澄んだ赤色の水色をしています。その上品な香りと濃厚な味わいはミルクティーにもぴったりです。

ニルギリ

インド南部にあたるこの地帯では茶葉が通年収穫されています。しかし、モンスーンの影響もあり1~2月の物が良質とされており、セイロンティーに似た独特の芳香が好まれます。

ドアーズ

濃い水色とは対照的に、渋みが少なくあっさりとした味わいで知られるドアーズは3~11月に収穫期を迎えます。特に秋に収穫される茶葉は「ローズオータムナル(バラ色の秋茶)」と呼ばれ、バラのような芳香が漂うことで人気があります。

スリランカのクオリティーシーズン

スリランカでは、紅茶の品質は生産地の標高によって分けられます。標高約1,300m以上で作られたハイグロウンティーは高級茶としてランクされ、標高約600~1,300mの場所で作られ主にブレンド用として普及しているミディアムグロウンティー、それ以下で栽培される物は「ローグロウンティー」と呼ばれ、セイロンティー全体の約50%を占めます。

ウバ

中央山脈の東側で作られるハイグロウンティーです。乾期に収穫シーズンを迎え、7~8月の物が最良と言われており、この時期に収穫される茶葉を濃く抽出するとカップの縁に金色の輪を描くことでも知られています。

ディンブラ

ウバの反対側にあたる、中央山脈の西側で作られるハイグロウンティーです。ほのかなバラの香りが味わえる、良質な茶葉は1~2月に収穫されます。

ヌワラエリヤ

ウバとディンブラの間、標高1,800mの高地で栽培されるハイグロウンティーです。モンスーンが乾いた風を運ぶ1~2月、6~7月の2回がクオリティーシーズンとされる種類です。

その他国々のクオリティーシーズン

中国やインドネシア、アフリカの国々の一部の地域で栽培されている主な茶葉のクオリティーシーズンは、以下の通りです。

  • キーマン(中国)…8月
  • ジャワ(インドネシア)…8~9月
  • スマトラ(インドネシア)…6~8月
  • ケニア…1~2月、7~8月