ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

焼肉屋[韓国料理]事典

焼肉屋[韓国料理]事典

東南アジアの国々で食べられている「サテ」とは?

インドネシアをはじめ、マレーシアやシンガポール、フィリピン、タイなど、東南アジアの国々で食べられている串焼き料理。日本で言う焼き鳥のような物ですが、サテは鶏肉に限らず、豚肉や羊肉など様々な肉を使います。香辛料が効いたタレで味付けをしてあり、ピーナッツソースなどを付けて食べるのが特徴です。甘いピーナッツソースとスパイシーさのコンビネーションは、和食にはない独特の味わいで、インドネシアでは、ミーゴレンと呼ばれる焼きそばや、ナシゴレンと呼ばれる焼きめしに並ぶ代表的な料理で、日本でも認知度の高い一品となっています。

サテとは

サテとは

インドネシアのジャワ島で、アラビア移民の料理を改良したのが発祥と言われ、その後インドネシア本土、マレーシア、シンガポールなどに行き渡りました。サテは東南アジア全般で古くから食べられているので、地方により数々のバリエーションがあります。一般的には、小さめに切った鶏肉や牛肉を、ケチャップマニスと呼ばれる甘めのソースや香辛料をブレンドしたタレに付け、串に刺した物を炭火で焼いたあと、仕上げにピーナッツをすりつぶした甘く濃厚なソースをかけて完成。香辛料入りのタレに漬け込むのは、日持ちができるようにと考案された先人の知恵だそうです。また、バリでは神様へのお供え物や、儀式やお祭りの際にも用意される特別料理でもあります。

サテの種類

日本では鶏肉や牛肉のサテが一般的ですが、東南アジアに訪れると地域により様々なサテが見られます。その一部をご紹介しましょう。

サテ・アヤム サテ・サピ

「サテ・アヤム」は鶏肉を使ったサテ、牛肉のサテは「サテ・サピ」と呼びます。サテ・アヤムは地元でも最もポピュラーなサテ。食堂の店先や、屋台などでも売られています。現地では主にご飯や、「ロントン」「クトゥパット」と呼ばれる、もち米を潰して蒸したような、やわらかくもっちりとした米と一緒に食べられています。

サテ・カンビン

鶏肉、牛肉の次に多く使われるのがヤギの肉で、「サテ・カンビン」は、ヤギ肉のサテです。ヤギ肉は滋養強壮に効くと言われ、体調が悪いときにもサテ・カンビンを食べると言われています。

サテ・バビ

豚肉のサテは「サテ・バビ」と言います。インドネシアやマレーシアには豚肉が食べられないムスリムが多いことから、豚肉のサテは一般的ではありませんが、バリ・ヒンドゥー教を信仰するバリでは、豚肉はご馳走のひとつであるため、地域によっては豚肉のサテもお目見えします。ピーナッツソースではなく、チリソースで食べるケースもあります。

サテ・リリット

エビや魚介をすりつぶして串に巻き付けた物。日本のつくねのような見た目で、スパイスの他、ココナッツの風味も漂います。

その他

サテには上記以外にも、馬肉や羊肉、ウサギの肉の他、西スマトラのパダンではカレーソースをかけて食べる牛肉や牛もつのサテがあります。また、サテとは串に刺した料理を刺すことから、肉類以外にも、サテ・リリットのような魚介類や、ウズラの卵やカタツムリ、インドネシアの豆腐まで内容は様々。東南アジアに出かけたら、その土地ならではのサテを味わってみては?