ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

魚偏の漢字 「さ行」さけ、さわら、しゃちなど様々な魚偏の漢字をご紹介

魚偏の漢字を紹介します。

魚(さかな) 魚(さかな)

「魚」の字は魚の姿そのものであり、クの部分は頭、田はウロコ、4つの点は背びれをあらわしています。サカナの語源は酒の席に出されるおかず「酒菜」のことで、江戸時代に入りおかずに魚が多く使われるようになったことから、魚の肉のことを「サカナ」と呼ぶようになったと言われています。

鮭(さけ) 鮭(さけ)

中国において「鮭」の字はフグを意味していました。「圭」は怒りをあらわす漢字であったことから、怒ると腹がふくれるフグにこの字をあてたのが理由です。その後、日本に「鮭」の字が伝わった際に、サケをあらわす字として広がりました。

鯖(さば) 鯖(さば)

本来「鯖」の字は、魚や肉を煮込んだ料理の名前、もしくは淡水魚の一種をあらわす字として使われていました。その後サバが広く食べられるようになり、身が青々と輝く魚にふさわしいとして、「鯖」があてられるようになりました。

鰆(さわら) 鰆(さわら)

産卵期である晩秋から初春にかけて多く捕れる魚のため、「春の魚」という意味から鰆という字があてられました。もう一説には、サワラは体長1mにもなる細長い体をしている一方、腹の部分がとても狭いため「狭い腹」から「さはら」と呼ばれるようになり、サワラとなったとも言われています。

鯱(しゃち) 鯱(しゃち)

シャチの気性の荒い性格から、「虎のようにたけだけしい魚」との意味を込めて「鯱」という字が使われるようになりました。虎のような頭と、トゲを持つ背中が特徴的である想像上の動物「シャチホコ」のことをあらわす場合もあります。

鮨(すし) 鮨(すし)

その名の通り、「魚でつくった旨いもの」という意味です。スシの語源は「酢し」から来ていますが、酢飯に由来するものではありません。スシのはじまりは、酢に漬けた魚を用いたり、魚とごはんと共に発酵させたりして作る酸味のある食べ物であったことに由来しています。

鱸(すずき) 鱸(すずき)

つくりの「盧」の字には「ならぶ」という意味があり、スズキのエラの並び方に特徴があったことからこの字があてられました。刺身にしたスズキの身が「すすぎ洗いをしたように美しい」ことから、「スズキ」と呼ばれるようになりました。

鯣(するめ) 鯣(するめ)

「鯣」の字は、中国においてはウナギを指していましたが、日本へ渡った際にスルメを意味する字として浸透しました。「墨を吐く生きものの群れ」の意味から「スルメ」と呼ばれるようになりましたが、「擦る」の言葉を連想させるため縁起が悪いとして最近では「アタリメ」の呼び方も広く使われています。