ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ステーキハウス事典

ステーキハウス事典

ステーキとドリンクの組み合わせが重要!?相性の良いドリンクをご紹介

ドリンクは、その組み合わせによってはステーキの味を引き立ててくれることも少なくありません。相性の良いドリンクという物もあるので、覚えておくと良いでしょう。またレストランチェーンでは、ドリンクバーが用意されていることもあります。

ステーキハウスのドリンクバー

ステーキハウスのドリンクバー

ドリンクバーとは、店の一箇所にドリンクマシンやコーヒーマシンなどが備え付けてあり、客がセルフサービスで好きなドリンクを選び、コップやグラスに注ぐシステムです。ドリンクバーの料金を支払えば何度でもお代わり自由となることがほとんどですが、時間制限を設けている店もあります。また、食事を注文した際は、セット料金に含まれる場合もあります。

日本におけるドリンクバーの発祥

日本においてドリンクバーが登場したのは、1992年の「ガスト小平店」だと言われています。手頃な価格で食事を提供するため、客自らがドリンクを用意するドリンクバーを設置したところ、マスコミなどに取り上げられるなど大ヒットとなり、世間にもドリンクバーが広く知られることになりました。その後、競合のファミリーレストランチェーンにおいてもドリンクバーを設置する店舗が増え、現在は、カラオケ店や漫画喫茶といった他業種にもドリンクバーが導入されています。

ステーキと相性の良いドリンク

肉の脂っぽさを洗い流してくれる炭酸飲料やウーロン茶などが人気です。また、近年登場したステーキ専門店など、ワインセラーを用意して肉に合うワインを提案してくれる店もあります。

コーラ

コーラは、世界でもっとも知られている炭酸飲料です。もともとは、コーラと呼ばれる植物の実から抽出したエキスを使用していたことから「コーラ」の名が付きましたが、現在では、ほとんどの商品においてコーラの実は使用されていません。コーラは、世界中に数えきれない程のブランドがあり、それぞれ味わいが少しずつ異なります。世界的には、「コカ・コーラ」と「ペプシコーラ」がコーラの2大ブランドと言われており、どちらも世界200ヵ国以上で販売されています。

コカ・コーラ

コカ・コーラは、「ザ コカ・コーラ カンパニー」が製造・販売するコーラのブランドで、「コーク」と呼ばれることもあります。コカ・コーラの名前は、かつてコカの葉を材料に使用していたことに由来するものですが、法律で禁止されたことにより、現在はコカの葉の成分は含まれていません。

ペプシコーラ

ペプシコーラは、「ペプシコ」が製造・販売するコーラのブランドです。当初は消化不良の飲み薬として販売されており、その成分に消化酵素の「ペプシン」が含まれていたことからこの名が付けられました。日本では、サントリー株式会社がペプシの販売を行なっています。

ウーロン茶

ウーロン茶は、茶葉を発酵させる途中で熱を加えて発酵を止めることで、半発酵の状態にした茶のことです。ウーロン茶に含まれる特有のポリフェノールには、脂肪の吸収を抑えたり脂肪の分解を促進したりといった働きがあり、ステーキをはじめとする肉料理と相性の良い飲み物として広く知られています。