ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ステーキハウス事典

ステーキハウス事典

岩手県奥州市の前沢区で肥育された黒毛和牛「前沢牛」

「前沢牛」は、「まえさわうし」または「まえさわぎゅう」と呼ばれます。岩手県奥州市の前沢区で肥育されたブランド牛で、岩手ふるさと農業協同組合(JA岩手ふるさと)の商標として登録されています。「前沢牛」は、岩手県奥州市前沢区でのみ肥育されているブランド牛です。前沢区に住所を持っていなければ、前沢牛の肥育を行なうことはできません。

肥育地域以外にも細かな規定が設けられている

肥育地域以外にも細かな規定が設けられている

前沢牛には、肥育地の規定以外にも、様々な条件が設けられています。

  • 牛の品種は黒毛和種に限ること
  • 全国和牛登録協会発行の子牛登記証などによって、牛の出生地が確認できること
  • 生産農家が1年以上肥育した牛であること
  • 出荷までの期間において、前沢区内の肥育期間がもっとも長く、最終肥育地であること
  • 生産者は、牛肉トレーサビリティ法を遵守するとともに、牛にかかわる記録をすぐに確認できる状況にしておくこと
  • 社団法人日本食肉格付協会が定める枝肉の格付において、肉質等級「4」以上、歩留等級は「A」もしくは「B」であること

農耕用の牛を、食肉用として活用

もともと、前沢区周辺は稲作を中心に栄えた土地。そのため、多くの牛馬が農耕、運搬用として重宝されていました。その後、明治時代に入り、電力の耕うん機が導入されると、牛馬による農耕は見られなくなりましたが、牛は、食肉用として肥育されるようになりました。

食肉市場での評判が、改善のきっかけに

そうして始まった前沢地区の畜産業でしたが、1969年(昭和44年)に東京食肉市場へと初めて出荷された前沢牛の評判はまったくふるわないものでした。このことがきっかけとなり、兵庫牛を種牛として、島根牛を繁殖牛として迎え入れ、育種改良を行ないました。こうして生まれた牛はとても肉質が良く、空気と水が美しい前沢の気候も相まって、素晴らしい味わいを持つ牛へと育ちました。

肥育農家が集まって情報交換に励む

こうして、上質な肉質を持つ牛が誕生し、前沢地区において畜産業への熱が上がると同時に、肥育農家のあいだでは、連日のように肥育技術向上を目的とした情報交換会が行なわれるようになりました。こうした会は「お茶のみ会」と呼ばれ、前沢地区の畜産農家全体のレベルアップへと繋がるとともに、前沢牛発展に貢献しました。

繁殖農家と肥育農家の連携により品質がアップ

前沢地区では以前より、独自の和牛改良体制を整備して、良質な肉質を持つ牛の生産に尽力してきました。そのひとつが、肥育農家から出荷された牛の枝肉の情報が、農業協同組合を通して繁殖農家に知らされるという仕組みです。繁殖農家は、肥育農家が希望する血統の子牛を生産することに重きを置くようになり、その結果、前沢牛の肉質は飛躍的に向上しました。

日本一を記録、ブランドの定着へ

地域を上げて、前沢牛の品質改善に取り組んだ結果、1978年(昭和53年)に開かれた東京食肉市場の通常出荷において、日本一の枝肉販売価格を記録しました。その後、多くの品評会でも認められ、前沢牛のブランドが定着しました。