ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ステーキハウス事典

ステーキハウス事典

ステーキハウスの歴史は明治時代にさかのぼる

日本において、牛肉が食べられるようになったのは明治時代に入ってからのことです。その後、レストランに「ビフテキ」が登場してから一度表舞台から姿を消しましたが、終戦後、欧米文化とともに再度持ち込まれ、現在は様々なステーキハウスが登場しています。

ステーキの歴史は明治以降

ステーキの歴史は明治以降

日本では、奈良時代より肉食禁止令がひかれており、本格的に肉食が解禁となったのは明治に入ってからのことでした。

ステーキは外国人が食べる物

薄切りにした牛肉を甘辛いタレで煮込む「牛鍋」は、すき焼きの名前でも全国へと広がり、多くの人が、牛鍋によって牛肉のおいしさに開眼したと言われています。この頃、貿易港があった横浜には外国文化がいち早く入ってくる土壌があり、明治の初期にはいくつかの西洋料理店が軒を並べていました。その中のメニューにはすでにステーキが登場していましたが、厚切り肉のボリューム感と、血がしたたる生々しい様子は、当時の日本人には受け入れられなかったようです。当時の文献には、「ステーキは、外国人が楽しむ食べ物であって、日本人には嗜む者がいない」との記録が残されています。

ごちそうのイメージとして浸透

日本人全体が肉食文化に慣れ、牛鍋以外にも様々な肉料理が登場すると、明治の後半頃にはステーキという料理が広く知られるようになりました。そうした中、これまでの料理にない見た目の豪快さから、多くの日本人が「ステーキはごちそう」といったイメージを抱くようになったと言われています。

小説や童話にも「ごちそう」として登場したステーキ

1901年(明治34年)に発表された、国木田独歩(くにきだどっぽ)による小説「牛肉と馬鈴薯」の中では、太り始めた友人の原因が、血のしたたるステーキの食べ過ぎであるという描写が登場します。また、宮沢賢治が1926年(大正15年)に発表した「オツベルと象」という童話の中では、資産家のオツベルが昼食にステーキを食べるシーンが描かれています。

ビフテキは、レストランのメニュー

明治の後半から大正時代にかけては、ステーキは専門店で食べる物ではなく、レストランで提供される「ビフテキ」が一般的でした。「ビフテキ」の呼び方は、「ビーフステーキ」を略したものであるとの説がよく知られていますが、フランスでのステーキ料理をあらわす「bifteck(ビフテック)」がなまったものであるとの説もあります。この頃のビフテキは、肉は薄めで中心部までよく焼かれており、しょうゆやみりんなどのタレで味付けをした物が多かったようです。

戦後、本場のステーキ文化が全国へと広がった

アメリカンスタイルのステーキが日本に普及したのは、第二次世界大戦が終わってからのことです。はじめは、当時アメリカの占領下に置かれていた沖縄にて、ステーキを食べる風習が広がり、本土へも広がっていきました。その後、ファミリーレストランチェーンのメニューにも登場し、本場のステーキが日本人に広く知られることになります。ファミリーレストランの台頭とともに、ステーキを口にする日本人も増えていきました。現在では、様々な特色を持つステーキ専門店が登場し、本場アメリカに本店を持つ名店も日本へ出店しています。