ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き屋事典

お好み焼き屋事典

使用食材にとことんこだわったお好み焼き屋「錦わらい」

一年を通して多くの人で賑わう「錦市場(京都市中央区)」では、京都の名水のひとつである「錦の井戸水」の恩恵を受けた京野菜や、魚、豆腐などが400メートルに渡って並んでいます。そんな、京の台所とも呼ばれる市場の食材を使用したお好み焼き屋が、京都の錦わらいです。「いつも笑いが絶えないように」という願いを込めたネーミングで、他では真似できない空間と味を追求。関西エリアを中心とした店舗展開で、他県への拡大が注目されています。

錦わらいのサービス・特徴

錦わらいのサービス・特徴

店構えは、懐かしくホッとできる和の空間に洗練された洋テイストをミックス。わらい焼きを中心に、京都でおなじみの料理を錦わらい風にアレンジした鉄板焼やオリジナルメニューが揃っています。

メニュー

定番メニューは、オムそば風のわらい焼、京天焼き、ねぎ焼き、べた焼き、お好み焼き、焼きそば、鉄板焼、一品料理、デザート、ドリンク。その他、期間限定の季節メニューや90分の飲み放題のついた宴会コースも用意されています。

使用食材へのこだわり

お好み焼きをはじめとするメニューには、こだわりを尽くした素材が使われています。ネギは、京野菜を代表する九条ネギ、キャベツに至っては専門の仕入れ担当者がその時期に一番おいしいキャベツを吟味しています。そして、そのキャベツの甘みを引出す独自ブレンドの生地に、甘口・辛口・激辛の自家製ソース、そのソースに絡むオリジナル麺など、すべてが絶妙にマッチングしたものが錦わらいのお好み焼きなのです。

店舗展開

お好み焼・焼そば錦わらいは2015年(平成27年)2月現在、大阪を中心とした関西エリアと東京に店舗を展開しています。

店舗数

東京都(1)、滋賀県(1)、京都府(8)、大阪府(16)、兵庫県(5)、奈良県(2)

錦わらいの歴史・基本情報

2002年(平成14年)、もともと京都でバイキングレストランや創作居酒屋を展開していた株式会社アルファクスと株式会社木元酒店が合併し、翌年の2003年(平成15年)に錦わらい1号店をオープンさせました。「錦市場の新鮮な食材をふんだんに盛り込んだお好み焼き屋」として人気を博し、その後、関西エリアを中心に続々と店舗を開店。2009年(平成21年)には東京に関東エリア1号店となる店舗を出店した他、姉妹店である鉄板焼店「わらい食堂」をオープンさせるなど、今後ますますの発展が期待されています。

運営会社

運営会社は1965年(昭和40年)に木元酒店として創業した株式会社治元。京都府に本社と営業本部を置き、酒類販売事業、食品販売事業、外食事業、FCコンサルタント業、通信販売事業などを行なっています。また、お好み焼き・鉄板焼錦わらい以外には、治元の総本店とされる「元蔵」、炭火・牛タン・干物「和くら」、京風創作居酒屋「ほっとけや」、京うどん・葱料理「葱太郎」、京料理・うどん・御膳「元之蔵」、炭火焼・海鮮バル「磯の力」、味噌ラーメン専門店「麺場 田所商店」など、幅広い飲食店を運営・のれん分けしています。