ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き屋事典

お好み焼き屋事典

臨場感あふれる演出が人気!大阪の味を伝えるお好み焼き屋「じゅうじゅう屋」

「お好み焼き、焼きそば。アツアツ鉄板でわいわいと」がテーマのじゅうじゅう屋。店名からは楽しく鉄板を囲む様子がイメージされ、店の通りや入り口からは焼きそばの麺を打つ様子が見られるなど、臨場感のある演出が食欲をそそります。運営は、国内外に幅広い飲食店を展開する株式会社フジオフードシステム。「お客様への最大のサービス」を念頭に、長年の確かな経験と新しいアイディアを織り交ぜて、大阪の味にこだわりをプラスしています。

じゅうじゅう屋のサービス・特徴

じゅうじゅう屋のサービス・特徴

梁や間接照明を使い、シックながら落ち着く空間を演出しているじゅうじゅう屋の店内。お好み焼きは自分好みに焼くことができるセルフスタイル方式です。

メニュー

手作り餃子、大阪ホルモンなどの鉄板焼きをはじめ、お好み焼き、モダン焼き、焼きそば、オムそば、ドリンクなど。それ以外に、日替わり定食などのランチ、ビールとおつまみがセットのゆうぐれプラン(平日夕方のみ)、食べ放題プランなどを開催している店舗もあります。

こだわりの釜揚げ自家製麺

じゅうじゅう屋では、店のモットーである「麺は生鮮食品。お客様の目の前で麺を打ち、でき立てを提供する」を実現すべく、小麦の風味豊かな麺にこだわり毎日店で麺を打っています。麺の開発には1877年(明治10年)創業の老舗製麺所の職人が担当。そのこだわりで、「茹でたての麺で作る焼きそばは格別!」と食通も納得の味を作り出しているのです。

店舗展開

じゅうじゅう屋は2015年(平成27年)2月現在、東京都と関西エリアに店舗を展開しています。

店舗数

東京都(1)、滋賀県(1)、大阪府(1)、兵庫県(1)

じゅうじゅう屋の歴史・基本情報

実家が大衆食堂であった現在の代表が1979年(昭和54年)にキッチンバーを創業。その後、パブレストランやレストランバー、カフェなどの直営店を続々とオープンさせ、1983年(昭和58年)にお好み焼き「とうりゃんせ」のフランチャイズ店に加盟しました。さらに、もつ鍋、寿司、家庭料理、串揚げ、イタリアンなど幅広い食ジャンルにて成功を収めながら、各地に店舗を拡大。そんな急成長を遂げるグループ店の中でもじゅうじゅう屋は、大阪の味を伝える鉄板屋として「国内100店舗」を目指しています。

運営会社

運営会社は株式会社フジオフードシステム(1999年(平成11年)に名称変更)。創立は1999年(平成11年)、大阪に本社と、東京と名古屋に支社を持っています。事業内容は、飲食店の経営、フランチャイズチェーン本部の経営、店舗の内外装工事に関する企画・設計を主に行なっています。メインブランドは「まいどおおきに食堂」「串家物語」「つるまる」「かっぽうぎ」、サブブランドに「じゅうじゅう屋」「フジオ軒」「ハニーミツバチ珈琲」「すみび家米牛」「火の音水の音」があります。また、2006年(平成18年)の上海を皮切りにハワイ、香港、シンガポールなどの海外進出にも成功しています。