ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き屋事典

お好み焼き屋事典

女性目線のサービスが人気!関西風の味を提供するお好み焼き屋「ごっつい」

お好み焼ごっついは、テレビや映画、舞台などで活躍する俳優の伊原剛志さんが創業したお店です。東京都内を中心に店舗を展開しながらも「幼い頃から親しんだあの味を多くの人に味わってほしい」と関西風の味付けのお好み焼きを提供。味はもちろん、昭和初期の雰囲気たっぷりの店構えにも定評があり、近年ではアメリカに直営店を出店するなど成長を続けています。現在は妻である純子さんが経営を引き継ぎ、タレントとしてのネームバリューだけではない情熱と勢いで、多くのファンを獲得しています。

ごっついのサービス・特徴

ごっついのサービス・特徴

「ごっつい」という男らしい店名でありながら、女性社長ならではの細やかな目線が配されたメニューやサービスが特徴。「しあわせの連鎖」を理念に掲げるごっついのメニューやサービスをご紹介します。

メニュー

定番メニューは、お好み焼き、焼きそば、鉄板焼き、一品料理、デザート、ドリンクなど。定番メニューである「ごっつい焼」は、お好み焼きの豚玉にたっぷりの山芋が乗せられており、一品料理にはアヒージョやパスタ風麺料理など、鉄板焼店には珍しいメニューも揃います。また、それ以外に、期間限定メニューや宴会コースも多数用意されています(一部実施していない店舗あり)。

女性目線・母目線で成功

ごっついのとある店舗を見てみると、子ども向けの絵本やオムツ交換ができるスペースなどがあることに気付きます。これはまさに社長のアイディアのひとつで、飲食業界では敬遠されがちなファミリーをターゲットにしたサービスを提供することで「子連れでもゆっくりと食事が楽しめる」と、これまでとは違う客層の集客に成功しました。また、赤ちゃんのミルクづくりのための人肌温度のお湯のサービスもあり、こういった女性ならではの視点がごっついの人気を加速させたと言っても過言ではありません。

店舗展開

お好み焼ごっついは2015年(平成27年)2月現在、東京都内とアメリカに店舗を展開しています。以下は直営店とフランチャイズの店舗数の合計を表しています。

国内の店舗数

東京都(15)

海外の店舗数

アメリカ(1)

ごっついの歴史・基本情報

俳優としても活躍する伊原剛志さんが、1992年(平成4年)に東京都世田谷区にごっついの前身となる「ぼちぼち」の1号店を起業。2000年(平成12年)には現在の妻である伊原純子氏が経営者となり、女性目線を活かしながら着実に店舗数を増やしていきました。そして、2002年(平成14年)にはのれん分け(フランチャイズ)制度もスタート。2007年(平成19年)には店名を「ごっつい」に変更し、さらに2011年(平成23年)にはアメリカのロサンゼルスに海外1号店となる直営店「ごっついLA」をオープンさせています。

運営会社

運営会社は株式会社アイテム。東京都に本社を置き、飲食事業の経営・企画・運営を主としています。また、お好み焼ごっつい以外には、鉄板キッチン「はれのき」を運営しています。