ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き屋事典

お好み焼き屋事典

お好み焼きの生地にタコ!どろ焼きの魅力

兵庫県姫路市で誕生したB級グルメのひとつが、「どろ焼き」です。お好み焼きの生地に出汁とタコを入れたものを鉄板の上でオムレツのような形に焼き、スプーンですくってつけ汁に漬けて食べる食べ物で、関西の「粉もの文化」に加えられた新たなメニューとして人気が上がっています。どろ焼きが生まれたきっかけは、姫路市のお好み焼き屋「喃風(なんぷう、当時の店名は『お好みハウス南の風』)」に来店した子どものお客さんの「たこ焼きが食べたい」の一言だったそうです。

どろ焼きの誕生

どろ焼きの誕生

さて、お好み焼き店なのに「たこ焼きが食べたい」と言われた店主は、いかにしてこの子どものお客さんを喜ばせてあげようかと考えました。たこ焼き用の丸い形を作る器具などは店になく、あるのはお好み焼き用の鉄板一枚でした。とは言え、お好み焼きを作る小麦粉や出汁、ソースはお店にあったため、これらの材料を使って鉄板でたこ焼きを作ってみることにしたのです。タコを入れた具材を練って生地を鉄板の上で焼き、オムレツ状にした物を作りました。そして、同じ兵庫県の明石焼をまねてつけ汁用の出汁を添えたものを「たこ焼き」として出したところ、その子ども客とその家族はとても喜んで食べたと言います。その後、そのメニューが口コミで広がっていき、店主は本格的に商品化を企画し始めます。その「オムレツ風鉄板たこ焼き」をお好み焼きバージョンとして作られたのが「どろ焼き」で、1999年(平成11年)から販売が開始されました。

どろ焼きで急成長を遂げた「喃風」

その「お好みハウス南の風」は新商品「どろ焼き」のヒットにより業績が上がり、兵庫県を中心に店舗数を増やしていきます。2003年(平成15年)には屋号を現在の「喃風」に変更し、兵庫県以外にも愛知県、大阪府、熊本県、東京都…と直営店・フランチャイズ店を次々と開いていくまでになりました。2014年(平成26年)現在では国内で1都2府10県に、海外ではタイに2店舗の展開をするまでの成長を遂げています。

どろ焼きの食べ方

ここでは、どろ焼きの提供方法やこれまでにない食べ方について紹介します。

セルフスタイルが難しいどろ焼き

どろ焼きを作るには高度なテクニックが必要となるため、厨房でのスタッフによる「店焼き」で提供されます。一般的なお好み焼きは200℃弱の鉄板で焼かれるのに比べて、どろ焼きの生地はたこ焼きのような水っぽい状態の物であるため、より高い温度の300℃以上の鉄板で焼く必要があるのです。

出汁を漬けてさっぱりと頂く新メニュー

どろ焼きは扁平な小判型で運ばれてきます。スプーンやコテでひと口分を切り分け、テーブルに備わっている出汁に漬けて食べます。そのため、ソースを使用した他の「粉もの」とはひと味もふた味も違ったあっさりとした風味を楽しむことができます。出汁にはお好みで刻みネギをたっぷりと入れても良いでしょう。表面はかりかりで中味はどろっとした食感はこれまでの鉄板焼メニューにはない新しさです。