ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き事典

お好み焼き事典

どんどん焼き

東京で生まれ人気が出た「もんじゃ焼き」は、鉄板の上で食べる物であったため、持ち歩いて食べるには適していませんでした。屋台を引いて効率よく売るために、もんじゃ焼きをテイクアウトでも食べやすいように改良されたのが「どんどん焼き」だと言われています。「どんどん焼き」の名の由来には諸説あります。有力な物のうちのひとつは、宣伝のために太鼓をどんどんと叩いて売っていたことからその名が付いた説。また、発売当時余りに人気があり、作れば作る程どんどん売れていくことからその名が付いたとする説もあります。

どんどん焼き=お好み焼きのルーツ?

どんどん焼き=お好み焼きのルーツ?

「どんどん焼き」は、1931年(昭和6年)頃には東京で評判になっていたと言われています。主に屋台で安価に売られていたため、お祭りや縁日などで子どもたちが食べるものとしても、大人の酒の肴としても人気がありました。池田弥三郎により1980年(昭和55年)に上梓された「私の食物誌」には「屋台の、子ども相手の、二銭三銭五銭といったどんどん焼きが、出世して、いつしか『お好み焼き』になった」との記述があります。つまり、当時東京の屋台で売り出されていたどんどん焼きがお好み焼きのルーツだと書かれています。

昭和初期の多種多様な「どんどん焼き」

一方で、昭和初期の「どんどん焼き屋」では様々なメニューが売られており、それらの総称として「どんどん焼き」と呼んでいたという説もあります。現在の関西風お好み焼きのような物や焼そばの他、三角形に切った食パンに卵入り小麦粉を塗り焼いた物や、溶いた小麦粉を細長く伸ばして餅とあんこを巻いて焼いた物なども売られていたそうです。言わば、小麦粉を主体として焼いて簡単に作ることができるものを「どんどん焼き」と称していたのです。

東北地方に根付いたどんどん焼き

これらの「どんどん焼き」がその後東京に定着することはありませんでした。しかし、東京から伝播していった東北地方などでは、現在でも「どんどん焼き」が好まれ、それぞれの地方色を活かした郷土料理として親しまれています。

岩手県の「薄焼き」「どんどん焼き」

円盤状に焼かれた薄いお好み焼きのような物で、筒状に巻かれ売られています。小麦粉を水で溶いた生地に小エビ、紅ショウガ、ネギなどをトッピングし、醤油で味を付けて作ります。関西風お好み焼きに付き物のキャベツが入っていないためにボリューム感は少ないものの、食べ歩きのお供にはぴったりのおやつとして地元で人気を博しています。

宮城県仙台市の「どんどん焼き」

仙台市での「どんどん焼き」は、円盤状に焼いた物を半分に折り、半月状にして売られています。これは岩手県同様にテイクアウトしやすくするための工夫ですが、お店の中で食べるときには皿の上に円盤状に乗せて提供されます。小麦粉を水で溶き丸く伸ばして焼き、天かす、干しエビ、ネギ、紅ショウガなどをトッピングして醤油を塗って味付けをします。

山形県の「どんどん焼き」

山形県における「どんどん焼き」の一番の特徴が、割り箸や棒に巻き付けていることです。具材ものり、青のり、魚肉ソーセージなどが使用されており、ソースで味を付けます。ロール状で提供されるのは仙台が発祥とも言われており、仙台では「くるくるお好み焼き」と呼ばれています。